後 5日です

一日に、何回カレンダーを眺めることだろう。
その度に、後〇日だわ、とため息をつく。

今日は家中のカーテンを外して、今、3回目の洗濯中。
勢いで全部外してしまったけれど
さて、干す所はあるかしら?


d0075453_10411519.gif



我が家はバス停まで2分。
60代までは、駅までの徒歩15分は当たり前のように歩いたものだが
この歳になると
10分おきにやってくるバスに、つい乗ってしまう。
昨日、久しぶりに歩くことにした。


途中で出会った名残の紅葉

d0075453_10364838.jpg



d0075453_10373143.jpg



d0075453_10381527.jpg



d0075453_10554713.jpg

枯れ木に花
d0075453_11000971.jpg



d0075453_11004092.jpg



d0075453_11010777.jpg



レース状の梢と冬の晴れ間

d0075453_11044746.jpg



洗濯機は最後の5回目が回っている。
陽射しが強くなったので、初めに洗ったレースは
もう乾き始めている。

あら、もうお昼です。




# by ikutoissyo | 2018-12-27 12:05 | 散歩

                   師走が最終週に                  

あ~~!!
師走が、走って走って走しりまくって、残るは後1週間。
何故そんなに突っ走るの?
高齢者にはゆったりした時間が必要だし似合うのよ。
超特急並みの師走に付いていけない。

頭の中では「大掃除」の文字が大暴れしているらしく、頭重だ。
やる気が起きないのは何故だろう。
明日こそ、明日こそ、と思うだけ。
30日には綺麗好きの次女が帰ってくる。
彼女の苦々しい顔を想像するだけで恐怖で震えてくる。
私だって、若いときには超が付く位綺麗好きだったんだから・・・。


d0075453_22471168.gif



今日、デパートは大混雑だった。
クリスマスの買い物客だと気が付いた。
晴れやかな顔・顔・顔・・・

一昔前には、この時期は街中に、騒がしいほどのクリスマスソングが流れ
TV番組もクリスマス特番なんかが騒いでいた。
今年は、それらはすっかり影を潜めた。
デパートの混雑で、クリスマスに気が付いたのも仕方がない。

鳥のモモを焼き、ケーキのデコレーションで大騒ぎをし
娘たちへのプレゼントの隠し場所に苦労したあの頃が懐かしい。


せめて、カードを

d0075453_23300334.jpg








# by ikutoissyo | 2018-12-24 00:02 | 雑記 | Comments(10)

            こんな時間が好き!!

11月にコンサートを終え
合唱団では、幾つかの新しい曲に取り組み始めた。

一つは、トスティの歌曲「Preghiera(祈り)」
・・メロディが美しくて、心に沁みる・・

d0075453_13025320.jpg



もう一つは、岸田衿子さんの詩に
売れっ子作曲家、信長貴富さんが曲を付けた曲集。

その中の一つ「われもこう」で
岸田さんは「野辺のほくろのような花」と表現している。
この発想の素晴らしさ!!

d0075453_13024272.jpg


d0075453_13423504.gif


先日、府中の伊勢丹へ、ある寝具を見つけに出かけたが
目的のものが見つからず、がっかり。

ちょっと気落ちしたが、お昼時だったので
近くのTully'sに入った。
通りに面した一人用のテーブルに席をとり
お行儀は良くないが
スパゲティ+コーヒーを食べながら
目の前を通り過ぎていく人々を、ぼーっと、ぼんやりと眺めて過ごした。


ケヤキの葉も大分落ちて

d0075453_13290352.jpg


d0075453_13303027.jpg



誰にも束縛されない、ぼーっとしたこんな時間が大好き。
景色を眺めるのも良いが
人々の様子を眺めるのもなかなか面白い。

赤ちゃんを抱っこしたお母さんが、スマホを操りながら歩いている。
高齢のご婦人二人、話が弾んで足が止まっている。
腰を90度にまげたおばあさんが、沢山の荷物を運んでいる。
3歳ぐらいの女の子が、覗いている私に気が付いて
手を振ってくれた。
婆も最大級の愛嬌を振りまいて手を振った。

・・・etc.・・・

Cafeから眺めた、平和な「けやき通り」の one sceneは
映画のそれに似て楽しかった。
次回もこの席にしよう。





# by ikutoissyo | 2018-12-19 13:44 | Comments(10)

                        真似ごとだけど・・・  12月12日

さむ~い !!
1週間前の暖冬を予感するような小春日和は
束の間の夢だったのか?
今冬は、分厚いダウンコートは必要ないかも、と
先日、極々薄くて軽いダウンコートを買った。
デパートの積み立てが満期になった勢いで、つい買ってしまったのだ。
着たのは3日間のみ。


d0075453_19282679.gif


12~13日、爺さんと二人、横浜で一泊してきた。
例の転倒騒ぎの快気祝いも込めて、婆からのプレゼントである。
もう少し遠くへ足を延ばしたいのだが
高齢の男性特有のあの病いがあるものだから
遠出には不安がある。

夜、茅ヶ崎に住む次女と合流し
二人の好きなお寿司で、爺さんの快気祝いを。
婆さんはお寿司は苦手だが、我慢我慢。
母親の苦手なものを熟知している娘は
「可哀想ね、こんなに美味しいのに」と箸をのばして嬉しそう。




ランドマークタワー

d0075453_22315234.jpg



d0075453_22324025.jpg



タワーの中で

d0075453_23491967.jpg



d0075453_00134010.jpg




d0075453_22332285.jpg



50代の頃、この観覧車に乗った思い出が・・。

d0075453_22334136.jpg



d0075453_00141471.jpg


帆船 日本丸
d0075453_06563185.jpg




d0075453_08501992.jpg




海の好きな爺さんは、横浜を選んだことを喜んでいた。
海に面した山下公園の目の前の
ホテルニューグランドを宿に選んだ。
古くには、チャップリンやマッカーサーが宿泊したという
関東大震災後にできた外人向けのホテルだったそうな。

実は、ここに泊まるのは3度目になる。
一度目は4年ほど前になるが、仲良し6人グループで。
2度目は一昨年次女と。
2度とも新館の5階の部屋で、遠くに赤レンガ倉庫方面が臨めた。
今回は旧館の3階、ちょっと古めかしさに趣があった。
窓を開けると海が広がって、目の前に「氷川丸」が見える。


d0075453_06593474.jpg



d0075453_07030078.jpg



ロビーのツリー

d0075453_07002436.jpg


d0075453_00152516.jpg




d0075453_00122385.jpg




d0075453_00114740.jpg




d0075453_00130145.jpg



大桟橋
TUKASAさんと、ここから船に乗ったのは何年前だった?

d0075453_06584233.jpg



d0075453_08304064.jpg



目の前の山下公園の薔薇

d0075453_08300195.jpg



d0075453_08314649.jpg



d0075453_08320911.jpg



次の朝、やっと夜が明けたばかりだというのに
公園の中を、犬の散歩、ジョギング、ランニングの人の姿が次々と・・。
そんな中に、大柄の外人さんが、ダンスの練習をしていた

d0075453_08302353.jpg



陽射しのない寒い二日間だった。
寒すぎて、老人には散歩もままならなかったが
美味しいものを食べて、海を眺めて、快気祝いの真似ごとになったかな。



d0075453_19282679.gif



今朝(15日)も寒い寒い。
日差しは部屋の中まで届いているが
室温が低すぎて、おばあさんの背中になってしまう。
さあ、姿勢を正して、1・2・3




# by ikutoissyo | 2018-12-15 09:13 | 旅行 | Comments(12)

                   新宿御苑へ  11月7日  (1)


リタイアした男性の中で、最も気の毒なのは
趣味もなく、日がな一日TVの番をしている人たちだ。

「夫と3日も顔を合わせていると気が変になるわ」
と言うのは70歳の友人。
バス停で出会った、手芸の会に出かけるという75歳の友人は
「会が特別面白くもないけど、家に居たくないからね」とのたまう。
みんな夫の顔を見たくないらしい。

私も彼女たちと、気分はさほど変わらないが
相手が85歳にもなると、ぼーっとしている様子を見るにつけ
気の毒で見るに堪えない。
仕方なく、本当に仕方なく、忖度も手伝って、外に誘い出すようにしている。

そんなわけで
今日も二人で新宿御苑に出かけてきた。
陽射しは無かったが、17度の気温は散歩には最適だった。
いつものように
「じゃ、後ほどね」と1時間半、別行動開始。
彼は直ぐ、売店の「おだんご」の看板に向かって歩き出した。
やっぱりね、つまんない人。



d0075453_00314391.jpg


d0075453_00321016.jpg


d0075453_00323002.jpg


d0075453_00324928.jpg


d0075453_00332634.jpg



d0075453_00334639.jpg


d0075453_23562513.jpg


d0075453_00342337.jpg


d0075453_00344200.jpg



d0075453_00451513.jpg



d0075453_00454492.jpg



d0075453_00461527.jpg


太極拳の練習かな?
d0075453_01180192.jpg






d0075453_01201657.jpg


d0075453_00464517.jpg


d0075453_00472585.jpg



d0075453_01204860.jpg

d0075453_00482402.jpg


d0075453_00490032.jpg



高い所から四季の移ろいを眺めて何を想う?
docomoビル

d0075453_01212176.jpg



変わった人がいるものである。
妖艶な人形を台座の上に乗せ、紅葉をバックにパチリパチリやってる。
それを見て、一人のカメラマンが
口に手を当てて声を殺してフフフ。
それをみた別のカメラマンが又同じ仕草でフフフ。
そして次の人も・・・
まるでリレーのように、全く同じ様子で顔を見合わせてフフフ。
そして後ろからこっそりと人形をパチリしている。
私もその一人になってフフフ

d0075453_00492136.jpg


爺婆の二人は1時間ちょっとで合流し
駅で買ったお弁当を食べる。
同じ様な老夫婦が、あちらにもこちらにも。
ちらちらと観察をしていると
どちら様も、奥様が主導権を握っているように見える。


↓に続く


# by ikutoissyo | 2018-12-08 01:28 | 庭園・公園 | Comments(16)