<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

                  負けたのに、おめでとう???

スッキリはしないが
決勝T進出を決めたサムライブルーに
おめでとう
と言うしかない。
あの戦術は、誰も良しとはしないだろうが
ルール違反ではないのだから、と自分に言い聞かせた。
この采配を選ぶしかなかった西野監督は
また大きな批判の的になるだろう。
監督業とは大変だ。

さあ、もう前を向いて、次のステージで積極的なゲームを見せてほしい。

⚽  ⚽  ⚽


友人の住む棟で、もう桔梗が咲いていた。
秋の花だとばかり思っていたら
花期は、実は梅雨の頃から初秋までだと知った。

d0075453_09283730.jpg



d0075453_09494708.jpg



d0075453_09320581.jpg


d0075453_09464563.jpg


先日観たTVの番組「毛細血管」の話を思い出した。
指の先まで、こうでありたい。
d0075453_09322440.jpg



お隣の庭で、ハマナスに立派な赤い実が。
ふふふ、日の丸の赤に見立てよう。

d0075453_09512374.jpg




d0075453_10002751.jpg







by ikutoissyo | 2018-06-29 10:26 | Comments(16)

           6月24日深夜、頑張りました           

サムライブルーが、又も、弱気な予想を覆してくれた。
真夜中の婆虎の雄たけび、ご近所に聞こえなかったしら?
確かに、勝機もあったのにと思わぬでもないが
欲張らないでおこう。
きっと次戦も頑張ってくれるに違いない。


植えた記憶のない紫陽花が
草むら化した庭で2輪咲いた。
しかもブルーで!!
何と縁起の良い事か、選手たちに捧げよう!!

d0075453_10110563.jpg



d0075453_10123447.jpg


実は紫陽花の木らしいものが、5年ほど前に突然芽をだした。
紫陽花かなと思いつつも
いっこうに花を点けないので、毎年、枝を落としていた。
今年は、殆ど庭の整理をしていなかったので
その木が思いのほか大きくなって
初めて花を咲かせたという訳だ。
日に日に、ブルーが濃くなって
まさに今朝の色は、選手たちを讃えているように見える。

d0075453_10125279.jpg



d0075453_10151757.jpg



d0075453_10154044.jpg



d0075453_11210696.jpg

d0075453_11214463.jpg


朝から空も晴れあがって、眠い体に酸素がいきわたっている。
窓を開け放って、湿気を追い出そう。






More  俺だよ
by ikutoissyo | 2018-06-25 10:53 | 庭の花 | Comments(10)

                6月19日 おめでとう ⚽ ⚽

サッカーW杯、日本チームの初戦(対コロンビア)が
多くの予想を覆して2-1で勝利。
こんなことがあるからスポーツは楽しいのだ。
マスコミは、昨日も今日も、まるで優勝したかのような
持ち上げようだ。
試合前、冷笑さえしていたではないか
恥を知れと言いたいところだが、まあ、許してあげよう。


雨の中で咲いた庭のクレマチス

d0075453_09440816.jpg



月曜日、誘われて映画「家族はつらいよⅢ」を見に出かけた。
時間指定の、予約指定券を先に求めてランチ。
時間になったので映画館に戻ってみると
指定席に別の人が二人で座っていたので
「ここは私達の席です」と話すと
「他にいっぱい空いているんいるんだから、そっちへ行きなさいよ」と。
60代と70代とみられる女性がすごい剣幕である。
我ら3人は怖さも覚えた。
それでも
しばらくすったもんだしていたら、係員が来てくれて
「ダメです、あなたたちは一列前です」と繰り返した。
しぶしぶ二人は、怖い捨てゼリフを放ちながら、移動した。
その後、映画が始まってからもガサガサと音を立てたり
まあ、迷惑この上ない人たちだった。
最近の日本人は・・・とは言いたくない。
この人たちは特別な人だったのだ、と思いたい。


d0075453_10030694.jpg


d0075453_15134198.jpg



その前日の日曜日のこと。
紫陽花で混雑している高幡不動尊へ、沙羅の花を見に出かけた。
カメラに夢中なっていると
「あら、〇〇さんじゃないの?」と声をかけられた。
久し振りに出会った知り合いと、おしゃべりが弾んだ。
そこへ、突然大きな爆弾が飛んできた。
「ここはお参りする場所だぞ、煩いぞ!!」と高齢者の男性。
もともと声の大きい彼女が、歳を重ねて一層ボリュームUPで話す。
しかも響く声なのだ。
きっと婆も、それに合わせて大声だったのだろう。
丁寧にお詫びをして、彼女とも別れた。
でも、あのおじさんの声も心臓が止まるほど大きかったなあ。

殆どの高齢者が耳が遠くなって
ついつい大声で話してしまう。
公共の場では気を付けなくちゃ、と深く反省す。




その時に撮った夏椿シャラ
d0075453_10251743.jpg



植木鉢で咲いていた紅白の蓮の花
d0075453_10264460.jpg



d0075453_10262996.jpg

21日
雨は上がったようだが、じっとりムシムシしている。
爺さんが、キッチンの換気扇の掃除を始めた。
業者さんに頼みましょう、と言っているのに聞く耳を持たない。
婆は見ぬふりをしているが、どうも解体に難航しているみたいだ。
技術屋さんのプライドは
高齢になっても想像以上に大きいのだ。

婆は午後から体操だ。
間に合うのかな??

今日は夏至、日中が一番長い日だもの
どうぞ、ごゆっくりお願いします。


d0075453_10415322.jpg








by ikutoissyo | 2018-06-21 10:48 | Comments(16)

                        6月16日の土曜日

何と、6月ももう半ば。
梅雨寒で重ね着をしたが、それでもまだ寒い。
土曜日のコーラスが、都合でお休みとなった。
朝からやることが見つからなくて、うじうじ、うろうろ・・。
雨は止んだが出かける気分でもない。
誰からも何処からも、誘いの電話もない。


爺さんが散歩から帰って来た。
涼しいから歩きやすかったそうな。
彼は、心臓の手術から一年が過ぎた(12日)
一年目の検診では
「マラソン以外なら何をやってもOKですよ」のお墨付きをもらってきた。
執刀医も大喜びをして
諸検査データを示すプリントに、大きな〇印をつけてくれた。
満点のテスト用紙につける、あの大〇だ。
嬉しそうに報告をする爺さんは、子供の様だった。
取り換えた心臓の弁は、体に同化したという事なのだろう。
医学の進歩と、携わって下さった多くの医師たちに
感謝しかない。


d0075453_10111794.gif



散歩で出会った花たち

高い位置に咲くザクロの花
赤い色が目に留まる

d0075453_12310159.jpg



マメ科?

d0075453_12351052.jpg



d0075453_16045397.jpg




「買ったときには真っ赤っだった」のに、と持ち主のお話。
これも良い色だけどね

d0075453_12364627.jpg



「これも見て!! 」と、主 ご自慢のガクアジサイ

d0075453_12415461.jpg



花が大きくて華やかな雰囲気が

d0075453_12421674.jpg



みんなで輝いてます

d0075453_12431502.jpg



ピンクのカラー

d0075453_12442156.jpg



これも良い色ね

d0075453_12450656.jpg



スカラップの花びら

d0075453_13464295.jpg




d0075453_13482071.jpg




トラノ尾を見つけて大興奮

d0075453_13490532.jpg



今夜は、虎さん勝ちますように

d0075453_13492351.jpg



d0075453_13495741.jpg


ちっとも良いニュースが無い。
政治も世相も乱れに乱れて、日本中が病んでいる。
名医はいないものだろうか。


サッカーのワールドカップが始まった。
ランキング61位と成績のふるわないサムライブルーに
日本人のサポーターはすっかり冷めている気がする。
良い時だけ騒ぐのが日本人の悪い癖。
良い時も悪い時も見捨てることをしない、タイガースの応援団を見習って
19日のサムライブルーを応援しよう。



Nakata のユニフォームを着て応援した16年前が懐かしい。
婆64歳、若かったわ、青春だったわ !!
お宝チケットの高額な入場料に、今更ながらびっくり。
4年毎の回顧なり。
d0075453_16231073.jpg






by ikutoissyo | 2018-06-16 16:30 | わが町 | Comments(14)

               辛すぎる !!!        

あの惨くて悲しい虐待のニュースに
大勢の人が涙したに違いない。
人間があそこまで鬼になれるものか!! 何とおぞましい。
5歳の女の子の健気な様々な姿は
鬼親であっても、愛を求め続けるしかなかったのね。
細い体で、小さい心で・・・。
鬼親から逃してあげたかった。



d0075453_10111794.gif



草むら化した庭でも季節の花が咲きだした。

中心が白い薔薇は

d0075453_21184257.jpg



d0075453_20024490.jpg


数日後には真紅に変化する
d0075453_20040990.jpg



d0075453_20051118.jpg


d0075453_15163800.jpg



カキラン

d0075453_20133422.jpg




d0075453_20110948.jpg



d0075453_20104375.jpg


d0075453_20140866.jpg


d0075453_20143406.jpg


d0075453_15171230.jpg

d0075453_20145229.jpg


d0075453_15174780.jpg


d0075453_21181140.jpg


d0075453_15472586.jpg



d0075453_20235391.gif



9日の土曜日の午後
久し振りに、テノール歌手佐野成宏氏の美声に酔いしれてきた。

佐野さんは、東京経済大学在学中に、武蔵野合唱団で活躍。
そこで、指揮者の小林研一郎氏に見いだされ
音大に進んだという異色の歌手である。
体調を崩すまでは若手のオペラ歌手として、大活躍していたが
今では、音大で若手の指導に当たっている。
いつの間にか彼も50代。
古巣の東京経済大学のホールで、1時間の短いリサイタルだったが
年輪の加わった美声に(全曲知っていたし)
大満足だった。

d0075453_20300386.jpg


10日の日曜日の午後には
お芝居を観に、国際基督教大学(ICU)のホールに出かけてきた。
たまたまなのだが
分野が違ったとは言え
連日、大学の構内のホールでの鑑賞会は珍しい。
芝居の方は、高校の同級生爺友からのお誘いで。
d0075453_20512166.jpg
80歳の二人は、若干耳が遠くなって
カフェでの演劇論やお喋りも、お互いに聞き返してばかり。
その他の話題も、年寄り臭くなってきた。
思い出しても可笑しくて・・・。


コンサートとお芝居
梅雨の合間の、文化的な二日間だった。






More  一手間で ふわふわ
by ikutoissyo | 2018-06-13 21:33 | 庭の花 | Comments(8)

                     紫陽花がもう見ごろです

高幡不動尊の紫陽花が見頃になった。
季節の動きが早すぎて、頭脳は、追いつくのに必死だ。

去年のブログを手繰ってみると
紫陽花のUPは6月18日。
という事は、2週間以上も早い開花と言う話になる。

昨日(1日)、午前中の早い時間に出かけてきた。
お天気に誘われたのだろう、、もうかなりの人で賑わっていた。

d0075453_17194699.jpg


d0075453_17180343.jpg



白さに圧倒される

d0075453_17443474.jpg



境内に続く小高い山肌いっぱいに、紫陽花が咲き誇っている。
花の8割近くが山紫陽花で〆られている。

d0075453_17234215.jpg



d0075453_17235512.jpg



d0075453_17242407.jpg



d0075453_17244276.jpg



d0075453_17274934.jpg



d0075453_17282996.jpg



d0075453_21104245.jpg


d0075453_17284495.jpg



d0075453_17290545.jpg




d0075453_17402905.jpg



d0075453_17292553.jpg




d0075453_17295080.jpg




d0075453_21113400.jpg




d0075453_17301160.jpg



d0075453_17304405.jpg



スカラップの花びらは珍しい

d0075453_17311294.jpg



d0075453_17322619.jpg




d0075453_17325480.jpg




d0075453_17332135.jpg




d0075453_17334207.jpg




d0075453_17341140.jpg




d0075453_17344643.jpg



d0075453_17391461.jpg


d0075453_17395438.jpg


d0075453_17410118.jpg

お不動さんのシンボル、五重塔は
新緑に囲まれてご機嫌さん。
d0075453_17503010.jpg

花の種類が多くて、ついあれもこれも撮りたくなる。

大きなカメラを持った二人のおじさんが
場所を、譲る譲らないで口喧嘩をしていた。
美しいお花の前で何と無粋な !!!


似たような画像を沢山並べてしまいました。
ご覧下さった方
お疲れさまでした。







More   日本がおかしい
by ikutoissyo | 2018-06-02 21:14 | 散歩 | Comments(12)