カテゴリ:旅行( 8 )

      お天気に恵まれて・・・お泊り会 2   2月24日

ランチでお腹がはち切れそうになった面々は
夕食は粗食が良いと言い出して
東京駅構内の「おにぎり屋」で、それぞれの好みのおにぎりと副菜を買う。
気の利くYさんが
domaniのお祝いに、とケーキを買ってくれた。

チェックイン
2部屋を予約したので、まずは部屋割りのアミダくじを。
文句も出ずに隣同士の部屋に分かれる。

大きなおにぎり2個に、ケーキで
またまたお腹が苦しくて、みんなで悲鳴を上げた。


まあ、いつもの事ながら、良くしゃべること。
今、総理の悪口を口角泡を飛ばして、まくし立てていたかと思うと
いつの間にか、TVで観た いい男の話に飛んでいる。
どの顔も紅潮してみえる。ふふふ
「もう一度、高校生に戻りたいわ」と言う声も。


d0075453_23103567.gif


さて、次の朝
バイキング形式の朝食をたっぷり食べて
さて、今日の予定は???
Kさんは、留守番をさせてきた猫のことが気になるので
直ぐに帰るという。

残りの4人で、まずは近場を散歩することに。
その住宅街で出会った花々


八重咲きの梅

d0075453_00075984.jpg


d0075453_00272739.jpg


d0075453_00252750.jpg



椿

d0075453_00091781.jpg



沈丁花

d0075453_00092914.jpg



満開のエリカ

d0075453_00095568.jpg



偶然通りかかった「ねむの木の庭」
美智子妃殿下のご実家の跡地らしい。
ご成婚のあの日に拝見したあのお屋敷は
美しかった美智子様と共に目に焼き付いている。

d0075453_00105635.jpg


まだ冬枯れの雰囲気だったが、庭師さんが手入れ中だった

d0075453_00122656.jpg



d0075453_00140945.jpg



あるお宅で
こんな愛らしい椿を見たのは初めて
d0075453_00185744.jpg



d0075453_00191427.jpg


d0075453_00313120.jpg

d0075453_00194499.jpg

雨の予報が外れて、
ちょっと渋谷に立ち寄ったが、何処を向いても工事中。
白いビニールで覆われたトンネルのような迷路をたどって
目的の「渋谷ストリーム」に着いた頃には
婆さんたちはヘトヘト。
20代に遊んだ渋谷は何処にもない。
来年にはすっかり変貌した渋谷があらわれるのだろう。
それまで元気でいなくちゃ。

ランチを食べて、楽しかったわね、と。


明日(今日)は、コーラス。
又顔を合わす5人だ。




by ikutoissyo | 2019-02-26 07:26 | 旅行 | Comments(14)

                    お天気に恵まれて・・・お泊り会 1


24日の「姫の会」は、ハプニングで幕が開けた。
駅での約束の時間にKさんがやって来ない。
いくつも先の駅から、Tさんが乗ってくる手はずなので待つわけにもいかず
Kさんを置いて、予定の電車でいくことにした。
ま、都内へのお出かけなので、さほど慌てることもない。
30分後、乗り換え駅の神保町で合流。


d0075453_23103567.gif



先ずは、予定通り、日比谷の出光美術館へ。
古い藍色の染付の数々
中国景徳鎮、朝鮮、トルコ、イランなどの
お国柄を表した、それぞれの精密な染付の技法を楽しんだ。
日本の絵付けは他の国にない優しさがあった。

d0075453_21042039.jpg



この美術館は帝劇の上、9階に位置しているので
観終わった後は、前に広がる皇居やお濠を眺めることが出来る。
しかも、お濠方面に向かって椅子が並べられ
給湯施設もあり、自由にお茶も飲める。


桜田門が見える
「ここで襲われたのね」と歴史の話題にどっぷりと。

d0075453_21551303.jpg



左の緑の屋根の建物は宮内省??
中央辺りに日本武道館の屋根が見える

d0075453_21554564.jpg



ググッと近寄せると・・・

d0075453_21560932.jpg



警視庁と、その手前はレンガ造りの法務省
警視庁のビルを眺めながら、婆さんたちは「相棒」の話題に花が咲く

d0075453_21570368.jpg



視線を左に向けると、日比谷公園がのぞめる

d0075453_21584296.jpg


180度に広がる眺望に癒された後
帝劇の隣に、長い間工事中だった「東京会館」の新館がオープンしたのを知り
そこでランチをすることに。
d0075453_22105817.jpg


d0075453_22112378.jpg

ロビーに飾られたお雛様
d0075453_22113937.jpg


d0075453_22120395.jpg
いつもよりちょっと豪勢なランチに
5人はお腹が重くなる。
そこから、丸の内界隈を散歩しながら東京駅まで歩くことに。
d0075453_22155108.jpg


歩道の大きなクマモンが人気に
d0075453_22213258.jpg

婆は、クマモン大好きだから、もう一枚
d0075453_22274386.jpg

観光バスが通り抜けた
d0075453_22165264.jpg


いつもの三菱一号館美術館の中庭を、今日は通り抜けるだけ。
d0075453_22185227.jpg


名残の十月桜
d0075453_22182564.jpg

東京駅へ
d0075453_22200766.jpg


この後、山手線沿線のホテルへ。





by ikutoissyo | 2019-02-25 23:18 | 旅行

                        真似ごとだけど・・・  12月12日

さむ~い !!
1週間前の暖冬を予感するような小春日和は
束の間の夢だったのか?
今冬は、分厚いダウンコートは必要ないかも、と
先日、極々薄くて軽いダウンコートを買った。
デパートの積み立てが満期になった勢いで、つい買ってしまったのだ。
着たのは3日間のみ。


d0075453_19282679.gif


12~13日、爺さんと二人、横浜で一泊してきた。
例の転倒騒ぎの快気祝いも込めて、婆からのプレゼントである。
もう少し遠くへ足を延ばしたいのだが
高齢の男性特有のあの病いがあるものだから
遠出には不安がある。

夜、茅ヶ崎に住む次女と合流し
二人の好きなお寿司で、爺さんの快気祝いを。
婆さんはお寿司は苦手だが、我慢我慢。
母親の苦手なものを熟知している娘は
「可哀想ね、こんなに美味しいのに」と箸をのばして嬉しそう。




ランドマークタワー

d0075453_22315234.jpg



d0075453_22324025.jpg



タワーの中で

d0075453_23491967.jpg



d0075453_00134010.jpg




d0075453_22332285.jpg



50代の頃、この観覧車に乗った思い出が・・。

d0075453_22334136.jpg



d0075453_00141471.jpg


帆船 日本丸
d0075453_06563185.jpg




d0075453_08501992.jpg




海の好きな爺さんは、横浜を選んだことを喜んでいた。
海に面した山下公園の目の前の
ホテルニューグランドを宿に選んだ。
古くには、チャップリンやマッカーサーが宿泊したという
関東大震災後にできた外人向けのホテルだったそうな。

実は、ここに泊まるのは3度目になる。
一度目は4年ほど前になるが、仲良し6人グループで。
2度目は一昨年次女と。
2度とも新館の5階の部屋で、遠くに赤レンガ倉庫方面が臨めた。
今回は旧館の3階、ちょっと古めかしさに趣があった。
窓を開けると海が広がって、目の前に「氷川丸」が見える。


d0075453_06593474.jpg



d0075453_07030078.jpg



ロビーのツリー

d0075453_07002436.jpg


d0075453_00152516.jpg




d0075453_00122385.jpg




d0075453_00114740.jpg




d0075453_00130145.jpg



大桟橋
TUKASAさんと、ここから船に乗ったのは何年前だった?

d0075453_06584233.jpg



d0075453_08304064.jpg



目の前の山下公園の薔薇

d0075453_08300195.jpg



d0075453_08314649.jpg



d0075453_08320911.jpg



次の朝、やっと夜が明けたばかりだというのに
公園の中を、犬の散歩、ジョギング、ランニングの人の姿が次々と・・。
そんな中に、大柄の外人さんが、ダンスの練習をしていた

d0075453_08302353.jpg



陽射しのない寒い二日間だった。
寒すぎて、老人には散歩もままならなかったが
美味しいものを食べて、海を眺めて、快気祝いの真似ごとになったかな。



d0075453_19282679.gif



今朝(15日)も寒い寒い。
日差しは部屋の中まで届いているが
室温が低すぎて、おばあさんの背中になってしまう。
さあ、姿勢を正して、1・2・3




by ikutoissyo | 2018-12-15 09:13 | 旅行 | Comments(12)

 皺の手を褒められて

1週間のうちに1泊旅行を2ヶ所、
その間をぬって、二つのコーラスの練習を欠席することなく参加。
その他の用事もこなして、とにかくこの1週間は、連日の外出だった。
疲れた・・・。
撮りためた写真の整理をするのさえ、億劫だ。


さて、話は飛んで・・・。
先週、コーラスの後のランチの時
偶然私の手の甲を触った仲間の一人が、大声を出した。
「どうしたの? あなたの手こんなに柔らかいのね」
その声に「なに?なに?」、次々と仲間たちが皺っぽい婆の手の甲を触りに来た。
「本当だわ!!」誰もが感激の声をあげる。
「もしかして、ラードの効果かなあ~」の一言に、またみんなが騒ぎ出した。
拒絶反応の人、興味津々の人・・・!!
想像してみて!! ファミレスで、婆さんたちが興奮している様子を。
恥ずかしいではないか!!

     
d0075453_09174562.jpg

ラードを保湿クリームの代わりに使っている事を説明した。
「手の甲・足の裏・脚全体・二の腕など・・・よ」
質問攻めにあった婆ではあるが、ちょっと得意げになったのも事実。
手の甲を触りながら、158円の効果にニヤリしている。

街角で見た花々
d0075453_09393291.jpg

d0075453_09390220.jpg

d0075453_09400856.jpg

d0075453_09402729.jpg

連休最後の今日は、気温18℃の予報。
すっかり出かけなくなった爺を、散歩に誘ってみよう。



by ikutoissyo | 2017-03-20 09:46 | 旅行 | Comments(20)

     京都の3日目は伏見稲荷へ

                     この日は、深草に住むKの同級生に会いにゆく計画。
                     そのついでに伏見稲荷へ立ち寄る手はずである。
                     
                     午前9時半には稲荷駅に着いたが、すでに人の波で混雑していた。
                     「観光人気、3年連続第一位」の数本ののぼりが、「おいでやす」と旗めいて・・・。

                     駅前にモダンなお狐さまが・・・。
d0075453_16535341.jpg


d0075453_1655870.jpg


                     ここにもお狐さまが
d0075453_1655413.jpg


d0075453_16555560.jpg


                     中に進むと・・・
d0075453_16571575.jpg


                     なに?このお供えの多さは???
d0075453_1657359.jpg


d0075453_1658543.jpg


                     くわえているものは稲穂かな?
d0075453_16581896.jpg


                     このお狐様は良いお顔だわ
d0075453_171899.jpg


                     さあ、いよいよ赤い鳥居をくぐりましょう
d0075453_17249.jpg


                     外国人は自撮りがお好きなようです。
d0075453_1722286.jpg


                     あ、人が少なくなった、カメラは今よ !!
d0075453_17275787.jpg


d0075453_17281337.jpg


d0075453_17282527.jpg


                     お山のてっぺんまで行くには2時間もかかると聞いて、
                     頑張ってみるといって登り始めたKだったが、途中で引き返してきた。

                     ここでもお賽銭と共に、あれもこれもとお願いをしてきた。
                     人間の欲張りには、神様もお稲荷様も呆れている事だろう。

                                 ❁  ❁  ❁

                     さて、最後の目的、住職になったばかりのK君に会いに。
                     K君は小3まで、我が家の近所に住んでいた。
                     姉たちも同級生なので、二つの家族は仲良しだった。
                     ある日突然、お父様がお寺の跡を継ぐことになって、家族全員で京都に引越しをし
                     K君もなりゆきで僧侶の道を歩むようになった。
                     つい先日、父上が亡くなったので、住職に就任したしたのだ。
                     「ね、お坊さんの格好をして迎えてよ」とのKの頼みに、
                     「この暑さでは無理だよ」と Tシャツと作務衣のズボンで迎えてくれた。

                     母上が、よく来てくれたわ・・・とお出迎え
d0075453_17495098.jpg


                     このお寺には、将棋の古い名人のお墓があることで有名らしい。
d0075453_17504386.jpg


                     母上から、時々様子は聞いていたが、
                     あのやんちゃなK君が、想像以上の立派なお坊さんになっていた。
                     母上の自慢だった。
                             
                               ❁  ❁
                     

                     2泊3日の二人旅は、ほぼ90点。
                     美味しいものを食べるチャンスがなかった事が悔やまれる。
                     だって、どのお店も行列だったから・・・。
                     
                     


↓の二日目もご覧ください。                                          
by ikutoissyo | 2016-10-13 18:38 | 旅行

    御利益を願って

                     京都の二日目

                     「日本一のパワースポットなのよ」
                     風水だの、そんな類の事の大好きなKが選んだ「貴船神社」へいざ!!
                     前夜のサッカーの試合の勝利の興奮を残したまま、出発。
                     京阪電車から叡山電鉄に乗り換えて、目指すは「貴船口」
                     時間の制限のない二人旅は、なんと気楽なんだろう。
                     乗り換えだって慌てない、せかせか気分は皆無である。
                     本来、旅とはこんなものなんだろう。
                     Kの顔が、腕が、脚が、笑っている、喜んでいる・・・。

                   
                     お山の空気がひんやり。
                     汗かきの婆には心地よくてありがたい。

d0075453_1023532.jpg


d0075453_10242758.jpg


                     いい歳をして、このはしゃぎ様
d0075453_10324557.jpg


d0075453_10333155.jpg


d0075453_10335439.jpg


d0075453_10342080.jpg


d0075453_10343842.jpg


                     お山に広がる沢山のお社を参拝するにあたって
                     厳守しなくてはならない順路があった。
                     御利益を頂くための決め事だから、面倒なんて言っていられない。
                     山道や石段を登りながら、本宮→奥宮→結社と進んでいく。
                     その間に、絵馬を書いたり、お守りを買ったり、結婚式に出会ったり
                     かなりの距離はあったものの、苦にはならなかった。

d0075453_1049394.jpg


d0075453_1050132.jpg


d0075453_10501287.jpg


d0075453_10504273.jpg


d0075453_10511624.jpg


d0075453_10513272.jpg


                     狛犬さんと出会うと、小学校の最初の国語の教科書を思い出す。
                     ・・・こまいぬさん、あ、うん・・・
d0075453_10524186.jpg


d0075453_1053865.jpg


d0075453_10573339.jpg


d0075453_10575598.jpg


                     駅近くで、オジギソウを見つけた。
                     「葉っぱを触ってごらん!!」・・・葉っぱが畳まれていく様子に、初体験のKは大喜び
                     娘に教えられることは、もう、こんなことしかない。
d0075453_1103737.jpg


d0075453_1105261.jpg


                     独り者で仕事も独立したKは、努力家だが神様に頼りたい気持ちが大きいようだ。
                     ご縁、商売繁盛に加えて、こちらの神様は水の神様だと知った。
                     サーフィンを楽しむKにとっては、何よりの話である。
                     幾つもあったお賽銭箱に小銭をいれながら
                     欲張り婆は、たっぷりとお願いをしてきた。
                     爺や、Ikuの家族のお守りも買って。


                     

More  PCが変だ
by ikutoissyo | 2016-10-13 11:36 | 旅行

                       京都へ 10月6日~8日

                     6日から2泊3日で、次女のKと京都に出かけてきた。
                     西本願寺の大谷霊廟に、継母の納骨のためである。
                     亡き父が待ち焦がれていただろうに、1年経ってようやくである。
                     親不孝な娘である。
                     娘としては、実母と継母を同じ墓の中に納めるのに抵抗があったが
                     多分、父は両手に花で喜ぶであろうと、気持ちを切り替えた。
                     美声のお坊様のお経が、木綿糸のような二人の硬い気持ちを,絹糸に替えてくださった。
                     大役を果たして、凝り固まっていた肩の力もぬけた。ホッ!!

d0075453_1633579.jpg





                     夕食までにはたっぷりの時間がある。
                     さ、これからどうしましょう??
                     迷った挙句、宇治の平等院に決定。Kは初めてらしい。
                     午後の陽射しは逆光なり。
d0075453_1651929.jpg


d0075453_16563478.jpg


d0075453_16512528.jpg


d0075453_1652435.jpg


d0075453_16521971.jpg


d0075453_1652375.jpg


d0075453_165368.jpg


d0075453_16565690.jpg


d0075453_1657295.jpg


d0075453_1658340.jpg

                     
d0075453_1658155.jpg


d0075453_16582520.jpg
 

                      植込みの中で見つけた小花。
                      優しい色でしょ
                          ヒナギキョウ(yoshimiさんより)でした
d0075453_16583910.jpg
 

                      二日目はKの強い希望で貴船神社と残った時間を下鴨神社。
                      三日目、伏見稲荷と、そこから直ぐ近くの友人宅へ(Kの幼なじみが住職になったお寺へ)
                      疲れて、photoの整理が出来ません。一休みです。
                   
                     
by ikutoissyo | 2016-10-09 17:12 | 旅行

                                       雷は嫌いです

                     関西に住む友人から、実家(福井)に帰ったついでに寄り道しませんか、という誘いあり。
                     里帰りの予定は12月にしていましたが、お誘いを受けると嬉しくなって
                     一ヶ月早めました(20日)。
                                
                                                       ♡  ♡  ♡

                     8月に新しい施設に移った母は、体重が少し増えたとか。
                     きっと居心地が良くて落ち着いたのですね。有難いことです。
                     冬用の可愛くて暖かい靴下と下着を新調して、「これ着せてもらってね」
                     母の反応は「う~う~」だけ。
                     本人は私以上に、もどかしいく感じているのかもしれません。
                     その夜、北陸には大雨と雷の警報が出ました。
                     近くの魚屋で、解禁になった越前ガニをさばいてもらって
                     1点豪華の夕食を早めに摂って、雷にそなえました。

                     真夜中、ベッドの揺れで目が覚めました。
                     東京の雷は、遠くからやってきて2~3発暴れた後、また遠くへ去っていきます。
                     ところがです、北陸の雷は、ずっとずっと同じ場所に居続けます。
                     その音の凄まじいことといったら! ゴロゴロガラガラガシャ~ン! 家まで揺れます。
                     その後、3~4分ほど物音一つしません。そしてまたゴロゴロガシャ~ンです。                   
                     その空白の時間は、次の攻撃に備えて蓄電しているとしか、考えられません。
                     繰り返し繰り返し、ゴロゴロガラガラドカ~ン!!
                     掛布団を頭からかぶって2時間ほど耐えていました。
                                
                     気が付いたら朝になっていました。いつの間にか眠ったのですね。

                     雨上がりの朝、庭の南天をぱちり。
                     雷に耐えた美しさです。フフフ
d0075453_12283768.jpg


d0075453_218586.jpg




                     次の日、誘ってくれた友人に会うために、関西に出かけました。
                     都合5人が集まって、美味しい食事と、久しぶり(5年ぶり?)のおしゃべりに興じてきました。
                     集まった土地はココです。
d0075453_1382574.jpg

                                

                     帰京(23日)した次の日、なんとなく調子が出ません。
                     お腹の様子もおかしいのです。
                     背中もゾクゾク・・・。
                     クリニックでお薬をもらってきました。
                     「風邪ですね、疲れをためないように」とのご注意でした。
                                
                     疲れた原因???はこれかな??
                     列車の遅れで待ち合わせの時間に間に合わなかったこと。
                     おしゃべりしすぎて、帰りの新幹線に乗り遅れそうになったこと。                                                                      


                                
                                
by ikutoissyo | 2013-11-27 13:42 | 旅行 | Comments(18)