カテゴリ:雑記( 124 )

                        雨よ降れ !!!

12日、初雪が舞った。
しかしその舞は、ほんの5分程で幕引きとなった。
愛でる暇も、喜ぶ暇もなかった。
淡雪にもならず・・・。

とに角、雨が降らない、降らなすぎ。
湿度27%の日が続き
乾燥肌の婆は、日毎に皺の数が増えている。
高価な保湿クリームは買えないし・・・。
風邪ひきさんも増えて、周りにはマスク顔の人ばかり。
雨乞いをしなくちゃ!!


モノレールの中からパチリ

d0075453_20583078.jpg



ググッとズームイン

d0075453_22213753.jpg

d0075453_22333240.gif

市原悦子さんが亡くなった。
同年代(彼女は2歳上)の方の訃報は、辛い。

若い頃、そう、55年ほど前になるかな
俳優座で彼女の芝居を観たのがきっかけで
演劇に興味を持つようになった、と言っても過言ではない。
「セチュアンの善人」という舞台で見せた、
飛び切り美しい声と、若々しくエネルギッシュな演技に
芝居の難しい内容が、全く苦にはならなかったのを記憶している。
あの頃、俳優座の若手の中で
市原さんと渡辺美佐子さんは、抜きんでていたような気がする。
懐かしい思い出とともに
市原さんのご冥福を祈りたい。


d0075453_22333240.gif


先日、浅川にシラサギとカワウの大集団が現れた。
次の日カメラを持って出かけてみると
何と、この1羽だけ。
あの鳥たちは何処へ行ったのだろう。
あなたはおいてけぼりなの?
d0075453_22254735.jpg


離れた所にアオサギも1羽
彫刻のように微動だにしない
d0075453_22253585.jpg



訃報続きで、梅原猛氏も。
「九条の会」から「スーパー歌舞伎」まで・・・。
知の塊だった。
あ~、戦後が遠くなっていく。



昨日から始まった全豪テニスに
今日、錦織君が登場する。
頑張ってほしい。



by ikutoissyo | 2019-01-14 23:04 | 雑記 | Comments(14)

               1月3日も 快晴なり

正月三が日も過ぎようとしている。
快晴が続いて
穏やかな年明けだと喜んでいたら、熊本地方で震度6弱の地震が・・・。
今年も災害で始まるのかと、不安になった。
震源地の皆さん、お気を付けて。

箱根駅伝は、母校が振るわず久しぶりに圏外に落ちてがっかりである。
初優勝の大学と、ご近所の大学の好成績に
大きな拍手を送った。
それにしても、6時間もの長い時間を、しかも連日
ただ走る姿を見続けられるものだと、我ながら感心してしまう。


d0075453_21210165.gif



30日から3泊した次女が
2日の家族そろっての会食(外食)に、出席しないで帰って行った。
鴨居の埃を見つけて「我慢できない」と掃除を始めたり
お風呂の小物を一つ一つ磨いたり・・・。
嫌な子ね。
それでも母親の料理は、どれにも「美味、美味」とご機嫌だった。
納品の迫った仕事があるとかで
Iku一家に会うことなく帰ったのだ。
一人で仕事をやるという事の辛さを感じて、婆は切なかった。

さて、そのIKuのこと
178cmのIkuパパを越えて、180cmに成長していた。
Ikuママから話には聞いていたが
目の前のその大きさに圧倒された。フフフ足の大きさにも。

3歳の冬、婆と二人で動物園に出かけた折
「ばば、今日は暑いね」と言って婆を驚かせた。
それは、夏の動物園で食べたソフトクリームの味が忘れられなくて
おねだりのセリフだとわかり、婆は大笑いをした。
今思い出しても涙が出るほど可愛かった。
そのIKuが、大男になったのだ。
間もなく受験。
四月から高校生である。

爺は「勉強と言う仕事があっていいね」とお年玉を渡していた。
85歳の実感だろう。



新宿で見つけた沢山のハート
世界中の人々にLOVEを届けたい

d0075453_21301670.jpg


皆様、それぞれに一つ歳を重ねますが
健康第一で、痴呆防止のためにブログを続けましょう。
時々は、拙いブログに足を運んでくださいませ。
今年もよろしくお願いいたします。




by ikutoissyo | 2019-01-03 21:33 | 雑記 | Comments(22)

                   師走が最終週に                  

あ~~!!
師走が、走って走って走しりまくって、残るは後1週間。
何故そんなに突っ走るの?
高齢者にはゆったりした時間が必要だし似合うのよ。
超特急並みの師走に付いていけない。

頭の中では「大掃除」の文字が大暴れしているらしく、頭重だ。
やる気が起きないのは何故だろう。
明日こそ、明日こそ、と思うだけ。
30日には綺麗好きの次女が帰ってくる。
彼女の苦々しい顔を想像するだけで恐怖で震えてくる。
私だって、若いときには超が付く位綺麗好きだったんだから・・・。


d0075453_22471168.gif



今日、デパートは大混雑だった。
クリスマスの買い物客だと気が付いた。
晴れやかな顔・顔・顔・・・

一昔前には、この時期は街中に、騒がしいほどのクリスマスソングが流れ
TV番組もクリスマス特番なんかが騒いでいた。
今年は、それらはすっかり影を潜めた。
デパートの混雑で、クリスマスに気が付いたのも仕方がない。

鳥のモモを焼き、ケーキのデコレーションで大騒ぎをし
娘たちへのプレゼントの隠し場所に苦労したあの頃が懐かしい。


せめて、カードを

d0075453_23300334.jpg








by ikutoissyo | 2018-12-24 00:02 | 雑記 | Comments(10)

                   ジャズマンの死

ジャズマンの前田憲男氏が亡くなった。
ピアノは勿論、編曲家としても超一流だった。
演奏会には何回か足を運んだが
顔に似合わず、ダジャレを好む愉快なおじさんだった。
前田憲男・羽田健太郎・佐藤允彦の3人による「トリプルピアノ」は
大好きだったが、羽田健太郎さんが早くなくなってしまって
残念だった。



近くの銀杏の木の下で
羽毛布団のよう

d0075453_23164876.jpg



もう30年ほど前になるだろうか
近くの街の小さなホールで
ピアノ前田憲男+アルトサックス松本英彦+ドラムス(新進の)
3人の演奏会があった。
そのホールには、広くはなかったがフロアがあり
演奏の途中で、前田氏が聴衆に呼びかけた。
「みなさん、どうぞ、踊ってください」

超一流のジャズに合わせて踊れる!!
夢のようだった。
爺さんも婆さんもまだ50代、嬉しかったなあ !!
二人ともダンスは得意だったしね。笑
あのダンス以来、踊っていない。



ご近所の育ち過ぎたシシトウ

d0075453_00082450.jpg



季節外れのつつじ

d0075453_00124823.jpg




朝顔も

d0075453_00214935.jpg




d0075453_00364058.jpg




腰の曲がったおじいさんちの薔薇

d0075453_00310645.jpg



これも

d0075453_00330829.jpg




早くに亡くなっている松本英彦氏も羽田健太郎氏も
あちらで前田氏を待っていたかもしれない。
またダジャレを言って
再会を喜んでいることだろう。






More 爺さんの涙
by ikutoissyo | 2018-11-30 00:40 | 雑記 | Comments(16)

                           歌舞伎とコーラス発表会と

16日のコンサートを2日後に控えた14日
歌舞伎見物に出かけてきた。
前にも書いたが、幼なじみのKさんに「招待するから付き合って」と誘われて
ほいほいと承諾したのだ。
久々の歌舞伎座、しかも新装なって初めてである。
嬉しくて、ついつい顔が笑ってしまう。

d0075453_20264452.jpg



ほら、良いお席でしょ

d0075453_20282118.jpg

「絶景かな~~!!!」
吉右衛門演ずる石川五右衛門が、朱塗りの南禅寺の山門で唸った。

10年ほど前、本物の京都南禅寺の山門に登らせてもらって
五右衛門の真似などして喜んだものだが
いざ降りる時になって、垂直の梯子にかなり苦労した。
正に、行きはよいよい帰りは恐いだった。
そんな事を思い出しながら
舞台の五右衛門に魅入った。

お弁当はせめて私が・・・
張り切って「灘万」のお弁当に。
流石に美味しかったが、婆二人には量が多くて残してしまった。

後半の出し物は「法界坊」
猿之助の達者な演技を楽しんだ。
新劇もいいけど、歌舞伎の楽しさ美しさは格別だと実感。
Kさんに感謝。


そして16日
d0075453_21074046.jpg

お天気に恵まれて
大勢のお客様が足を運んでくださって
練習以上の成果の出たコンサートになった。
あがり症の私は、ソロの部分を2重唱に変更してもらったのに
いつもの自分の声とは違う声で(情けない)
何とか切り抜けた。

コンサートから3日が過ぎても
ぼ~っとしている。
4ステージで20曲の暗譜から解放されて気が抜けたのだろう。

明日からまた、新しい曲の練習が始まる。
気楽にハモってこよう。




by ikutoissyo | 2018-11-19 21:49 | 雑記

                           連休って一年に何回あるのかな?

また連休?
一体、何の日なの?
カレンダーで確かめる、「体育の日」だと記してあった。
数十年慣れ親しんだ体育の日は「10月10日」
何と美しく、何と覚えやすい数字だろう。
そしてこの日が来るたびに、東京オリンピックを懐かしんだものだ。
2018年の体育の日の朝は
婆の文句たらたらで始まった。


d0075453_16025837.gif



陽射しが、ここ数日前から窓の中に届くようにになった。
季節が進んだことを教えてくれる。


お日様と風とレースのカーテンとのコラボ。
愛用の小引き出しが、プロジェクションマッピングに変身。

d0075453_09541987.jpg




今夏の暑さで一度は枯れた植木鉢の三時草が
又芽を出して花を咲かせた。
いつ見ても可愛い

d0075453_14020853.jpg





先日TVで組木細工を見せていた。
日本人の器用さと優れた美的感覚に、今更ながら驚きと感嘆。

中学だったか高校だったか
修学旅行で買った組木細工の小箱を思い出して
家探ししてみた。
色褪せた小箱を発見!!!

消えかかった「日光」の文字。
という事は、高校の修学旅行で買ったものだ

d0075453_09574999.jpg

逆さにしてみると眠り猫が
d0075453_09580293.jpg


d0075453_09581683.jpg


小さいころから箱好きだった。
少ないお小遣いで
組木細工はこの程度のものしか買えなかった

d0075453_14321814.jpg


箱は秘密箱というか、からくり仕立てになっている。
箱の天井を横に引き、次は側面を上にあげると
小さな引き出しが現れる。
その引き出しを引くと、コロコロと音が鳴る。
開ける手順はしっかり記憶していた。
のに、開かない。
何としてもあかない。
箱を振ってみると、音がする。
何か入っているわ!!
いつ何を入れたのだろう!!

高校の時、父に見られたくなものを入れた記憶があるけど・・・。
開けたいのに、古びた箱は、頑として言う事を聞かない。
叩き割る訳にはいかないし・・・。

d0075453_14324994.jpg




d0075453_16025837.gif



日曜日の夜、餃子を作った。
9時、TVを2chに回し、N響のシュトラウスを背中で聴きながら
せっせと餃子を包んだ。

d0075453_15330331.jpg


2袋の皮を用意したので、40個分を包むことに。
同じ作業に、途中で飽きてしまった。
子育ての頃には、飽きるなんてことはなかったのに、と言い聞かせて
最後まで頑張った。
歳は取りたくないものである。

冷凍庫に眠った餃子は、婆が遊び惚けた日に、食卓にのぼる予定である。






by ikutoissyo | 2018-10-08 17:01 | 雑記 | Comments(10)

                        80の手習い  9月23日

意地を張って、いやいや恰好をつけて、ガラ携で頑張ってきたけど
とうとうスマホに乗り換えた。
世の中の殆どの事が、スマホで回っているかに見える昨今だ。
格好をつけている場合ではない !!

雨の降る金曜日
駅前のdocomoショップへ出かけてきた。
雨の日だから空いているかと思いきや、順番を待つこと1時間。
機種選びに迷いに迷って、ここでも手間をとってしまった。
大竹しのぶさんのCMでお馴染みの「らくらくスマートフォン」は
高齢者用だという点がどうしても引っかかって・・・。
説明を聞いているうちに
80にもなって、何の見栄を張っているのかと
自分の馬鹿さ加減が急に可笑しくなって
結局はそれに決めた。
「バージョンアップもされて、性能は他の機種と変わりありませんよ」
係りのお兄さんのお言葉。フフフ

d0075453_22094890.jpg

契約が済み、ガラ軽からのデータ移動が終わって
ようやくスマホがわが手に・・・
待った時間も入れると3時間ちょっと。

嬉しくなって、ショップの中で娘たちにメールを入れ、びっくりさせた。
家に帰ってからが又一苦労。
WiFiを繋げる作業が待っていた。
Ikuママの、電話とPC両方からのナビで
何とか終了。
汗だくで、心身共に疲れ果て候。

見栄を捨てて、「らくらく」にして正解だった。
使い勝手が良い気がする。
焦らずじっくり覚える事にしよう。
なんたって80なんだからさ !!
ラインとやらは、近いうちにIKuママと会って教えてもらうことに。




キアゲハ  お隣の庭で
d0075453_22313960.jpg

最近よくやってくる
d0075453_22373062.jpg


秋の空
d0075453_22390332.jpg


d0075453_22425417.jpg


d0075453_22394837.jpg


スマホ騒動で、ゴメン、爺さんのこと忘れていた。
夕食作りに身が入らない。
一品少ない日が続いた。
大変だ、栄養失調にならないように
明日から又頑張ろう。





by ikutoissyo | 2018-09-23 23:02 | 雑記 | Comments(10)

                      いいことないかな~ 9月20日

朝、窓を開けると香しい香りが鼻をくすぐる。
思わず深呼吸をしながら、
今日も良い一日でありますようにと。


香りの主は、近くの生垣の金木犀

d0075453_17511137.jpg


季節の花と言えば、あちこちで彼岸花が開花している。
子供の頃、誰に言われたのか記憶にはないが
この花を忌み嫌う風習があった。
だから、大人になるまで近づきたくなかった。
あれは、美しい花への嫉妬だったのだろうか?
d0075453_17570229.jpg


d0075453_18131306.jpg


それにしても、どう撮ったらいいのだろうか?
d0075453_17564930.jpg


草むらで咲いていたミニの朝顔
花期はそろそろお終いかな
d0075453_18525367.jpg


萩の花
d0075453_18542689.jpg


d0075453_20454405.jpg


d0075453_20460797.jpg

安倍さんが3選した。
嘘、誤魔化しを平然とやってのける安倍さんに
未来を、託せない。
各地で演説をして回っていたけれど
我々国民には蚊帳の外の総裁選。
あの演説会になんの意味があるのだろう。
日本も、国民の直接選挙で、国の長を選べるようになるといいのだけど


d0075453_20482617.jpg


テニス、大坂なおみ選手フィバーはまだまだ続いている。
パンパシフィック立川オープンテニスの会場は
最寄りの駅から、モノレールで20分ほど。
こんな近場で活躍していることで
何となく心が浮き立っている。
不思議な物だ。
安倍さんの3選で、落ち込んでいる気持ちを
なおみちゃんの優勝で
吹っ飛ばしてほしい。


d0075453_22015033.jpg


天気の週間予報をみると
曇と傘マークで埋められて、まるで梅雨かと勘違いしそうだ。


お彼岸が近づいて、お坊さんも忙しそうだ。

d0075453_21094540.jpg

秋の花々に会いに出かけたい。
お天気のせいもあるが、なかなか腰が上がらない。

11月のコンサートへ向けての曲の仕上がりに不安があることで
心がざわついているのだ。
4ステージで、20曲の暗譜がある。
暗譜は当たり前の事だし、得意だった筈なのに
年々、覚えが悪くなっている。
また、たった8小節だけど、ソロを受け持つことになって
気の小さい婆は、今から怖気(おじけ)づいてる。

天気も悪い上に、そんなこんなで
お遣い以外は出かける気分にならないでいる。






by ikutoissyo | 2018-09-20 22:00 | 雑記 | Comments(12)

                   秋の予感 9月14日

気温がぐっと下がって、今日は25度。
でも湿度が高くて、少し体を動かすと、額にじんわりと汗がにじむ。
それでも、熱中症の心配から解放されただけでもありがたい。
クーラーの無い部屋(扇風機のみ)で眠っている爺さんの事が
本当に心配だった。
毎朝、トイレに起きる爺さんの気配を、遠くなった耳で感じ
今朝も大丈夫だったと、ほっとしたものだ。
何とか夏を越せたことに感謝。


昨日は、夏休み明けの体操にも出席し
1ヵ月半のブランクで筋肉の衰えを痛感した。
得意な筈の片足あげてのバランスで、最後にぐらついた。
悔しい !!

d0075453_19203868.jpg


d0075453_19210526.jpg


あの猛暑続きの中で
季節は静かにしずかにすすんでいる。
先日、部屋にコオロギが迷い込んでいるのを発見。
よーし、捕まえるぞ !!
コオロギと鬼ごっこをしたが
すばしっこくて、追いつけない。
昔は捕まえたのにね。
あのコオロギは、何処へ行ったのかしら。



山椒の実
d0075453_19294232.jpg


d0075453_19305546.jpg

ヤマジノホトトギス?
d0075453_23344210.jpg

くずの花
d0075453_19313016.jpg




12日、次女と横浜美術館へ
「モネ、それからの100年」を見に出かけてきた。
同級生から送られてきた招待券を無駄にしたくなくて
茅ケ崎に住んでいる次女に声をかけていた。
「時間がとれそうよ」と前日にメールあり。


横浜美術館
d0075453_21462313.jpg


d0075453_21470644.jpg


モネ=すいれん
d0075453_21475169.jpg


チケット売り場は100人以上の行列で混雑していたが
招待券のお蔭で、並ぶこともなく入館す。
d0075453_21491632.jpg


モネ以後の画家たちの、モネに対するオマージュの作品が並んでいた。
モネの作品が少なくて、次女はがっかりしていたが
テーマがテーマだからね。



常設展示室で。
大きなカラスが目を引く。
カメラOK。
d0075453_21574926.jpg

大きさを確かめましょう
d0075453_22035656.jpg


ランチの後、次女の持ち時間は1時間。
仕事の近況や悩みを聞きながら、コーヒータイム。
サーフィンで日焼けした顔で
忙しそうにさよならしていった。
3時間足らずだったが、滅多に会えない次女とのデートは楽しかった。
今どきの独り者。
気がかりな次女である。




帰り、府中の伊勢丹に立ち寄ると
嬉しい出会いが・・・。
玄関前にクマモンがみえる・・・。
つい小走りになって、カメラを出して。

じつは婆はクマモンの大ファンなのだ。
d0075453_22261105.jpg

カメラに夢中になっている婆の隣で
2歳位の女の子が「こわいよ~!!」と泣いた。
大きすぎてびっくりしたのかもね。
d0075453_22265725.jpg







by ikutoissyo | 2018-09-14 22:42 | 雑記 | Comments(14)

                   雑事に追われて

日々の雑事に追われているうちに
9月も、もう7日。
気が付かなかったとは言わないけれど
サンデーマイニチの身は、こんなにもいい加減なものだと、自戒している。


d0075453_09445842.jpg


大型台風の傷跡に恐怖を覚え
それでも過ぎ去ってくれたことに安堵した数時間後
今度は北海道の地震である。

婆は深夜便を聴きながら寝る習慣になっている。
いつも2~3分で眠りにおちて、5時頃まで熟睡するのが殆どだが
あの日は、ラジオの騒がしい声に目が覚めた。
「総理が」「地震は」と言う単語が耳に残り
覚醒していない脳が、霧が晴れる時のように覚醒していった。
慌てて飛び起きTVに走る。
3:30頃の話。

北海道で「6強」という文字と、真っ暗闇の映像に、凍り付いてしまった。
地震発生からまだ時間が浅くて
状況は混乱していた。



d0075453_10361692.jpg


度重なる災害に、日本列島は呪われているのでは・・・
TVを見ながら思った。

3.11から数えても、幾つの災害に見舞われたことか。
どれもこれも復興は進んでいない。
安倍さんに切にお願いしたい。
イージス艦の購入をキャンセルして
苦しんでいる被災者の皆さんを助けてあげてほしい。


d0075453_10503838.jpg


話は変わって
8月の末に、爺は左目の白内障の手術をした。
これで両目の手術が終わったことになる、と
意気揚々と退院してきた爺ではあったが
その日のうちに、アクシデントが・・・。
昼寝のあと、目頭から出血がみられ、婆もびっくり。
次の日、手術を受けた病院は眼科が休診だったので
罹りつけの近くの眼科医院へ。
「手術は綺麗に出来ていますよ。こんなことよくあります。大丈夫ですよ」と。
日が経つにつれ、目の周りが内出血で真っ青に。
本人もうっとおしいのと不安とで、機嫌が良くない。

あれから1週間が経ったが、目頭の辺りに血の塊のようなものが見える。
その間に医師にも見てもらっているが
「大丈夫です。其のうち落ち着きますから」と言われるだけ。
どうも、2ヶ月はかかるらしい。
巷の常識では、白内障の手術は簡単簡単と聞いていたが
そうでもないことが解った。

d0075453_17505847.jpg




6日、ミュージカルを見るために、故郷から友人が上京してきた。
彼女の定宿「Imperial Hotel」で待ち合わせて
3時間ほど談笑してきた。
去年、帰省した折
ご主人を亡くしたばかりの彼女の家に泊めてもらった。
一年ぶりの再会である。
相変わらず、お互いに口は達者だが
年寄りっぽい仕草が増えて
あれから一つ歳を重ねたんだわ !!! と実感あり。

d0075453_17512068.jpg


北海道の地震で、友人や知り合いの方がたが
皆さん、ご無事だったことが解り
本当に嬉しかったです。

被災者の皆さんに、心よりお見舞い申し上げます。



by ikutoissyo | 2018-09-07 18:39 | 雑記 | Comments(14)