東京都庭園美術館

初めてこの美術館を知ったのは、もう20年近くも前のこと。
今は亡き友人が、是非にと薦めてくれたのだ。
展示されていた作品よりも、建物(旧朝香宮邸)にすっかり魅了されてしまった。
アール・デコ様式の優雅さと品格は、何度訪れても飽きることはない。
しかも調度品や内装にルネ・ラリックなどの作品に目を奪われ、至福の時間がもらえます。
                         ♪・♪・♪

真夏日の最中、今回の企画に惹かれて出かけてきました。
「撮影可」という表示に小躍りしてカメラを構えたのに、殆どがピンボケでした。
残った写真の数の少なさをを見て、かなり落ち込んでしまって・・・。
d0075453_0512188.jpg

d0075453_0523683.jpg

d0075453_053989.jpg

まずはこのガラスの扉(ルネ・ラリック)に圧倒される
d0075453_0542333.jpg

d0075453_1121412.jpg

d0075453_0593312.jpg

d0075453_101195.jpg
d0075453_113358.jpg

d0075453_1285.jpg

d0075453_124478.jpg


       
# by ikutoissyo | 2006-07-18 01:13

夏は苦手です

このところの暑さに参っています。
体にさほど影響はないのですが、顔に人の何倍もの汗をかきます。
他人が涼しい顔をしている時、顔からタラタラ汗をかき「暑い暑い」の連発です。
病的かも・・・。

           ♪・♪・♪

涼しげなブルーの宿根のロベリア
d0075453_13435818.jpg

d0075453_1402161.jpg

d0075453_1403781.jpg

d0075453_1405483.jpg

d0075453_141174.jpg

# by ikutoissyo | 2006-07-16 14:02

日本民藝館

「暇なんだけど・・・」と友人に誘われて、真夏日の中を「日本民藝館」まで出かけてきました。「駒場東大前」で電車をおりて、住宅街を徒歩5分。
洋風な建物の続く道路を曲がると、重厚な白壁の建物が現れます。
1936年開館の建物は、広い階段、天井を這う太い梁など、建物だけでも一見の値あり。
民芸運動の同志(バーナード・リーチ、浜田庄司、芹沢桂介、棟方志功、富本健吉)の作品の他にも、古い工芸品が展示されていて、ちょっと心が豊かに。
カメラ禁止が残念。
                        ♪・♪・♪
舗道で見かけた標識
d0075453_103038.jpg

d0075453_115075.jpg

d0075453_1304335.jpg

こっそりシャッターを押した、窓の外
d0075453_14336.jpg

向かいにある、創設者・柳宗悦の旧宅
d0075453_163847.jpg

                        ♪・♪・♪
近くのお洒落マンションの石塀に、陶板(小皿)が飾られて(埋められて)いて、
ミニ展示会の気分です。こだわりを感じますね。
d0075453_120851.jpg

こんな感じです。
d0075453_123047.jpg

全部を集めてみると
d0075453_125944.jpg

# by ikutoissyo | 2006-07-14 01:31

勢いはとまらない・・・銀杯草

このお花はなかなかの気難し屋さんです。
これまで思うように咲いたことが殆どありませんでした。
しかも、ナメクジさんの大好物、蕾を全滅にされたこともありました。
この花の性格を理解をしないまま10年以上が過ぎてきました。

ところがです。今年の増え方とお花の付き方を見てください。
どんどん、根っこを這わせて、このままではMY garden を全部占領されそう。
欲しくて欲しくて手に入れたお花です。
間引くのはちょっと・・・・、でも間引いてしまいました。

なめくじの大好物の蕾
d0075453_23333225.jpg

これはほんの一部
d0075453_23214123.jpg

この形(盃に似てる)が名前の由来かな
d0075453_23352821.jpg

仲良しこよし
d0075453_23362576.jpg

散る前にもこんなお洒落を・・・・
d0075453_23382567.jpg

# by ikutoissyo | 2006-07-13 00:06