<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

                     嘘はダメよ !!!                   

連日の真夏日に、呼吸困難さえ感じて、不快な日を過ごしている。
不快と言えば、国会の質疑応答は最たるもの。
「嘘をついたら泥棒になる」と言われて育った高齢者には
どうしても許しがたい。
高額の税金で、あの人たちを養っているなんて
信じがたい。



紅シジミ?が、足元の草むらにとまった。
蝶や花に心が動いて
瞬間だが、「暑さ」と「霞が関」を忘れさせてくれる

d0075453_21540644.jpg

d0075453_21541851.jpg

爺さんが、24日退院してきた。
盲腸にしては長い入院(2週間)だった。
少しやせて気に病んでいるが
「心臓には新しい弁が、お腹からは悪いものを取り除いたんだから
徐々に元気になるわよ」
婆は励ましている。

d0075453_21544358.jpg


d0075453_21550196.jpg

d0075453_21551203.jpg

5日前、従妹からの電話で、叔母の緊急入院を知らされる。
脱水症で危険だという。
夫の退院と重なったら、と気をもんだ。
叔母は私を気遣ってくれたのか
爺の退院を待って
今日逝ってしまった。
実母の末妹で、私にとっては大切な大切な人だ。
明日、福井へ。

今年の夏は、気持ちも体も休む間がない。
正に試練続きだ。
精進が足りないのだろうか。






by ikutoissyo | 2017-07-25 23:08

                     梅雨明け・・・19日

梅雨が明けたそうな。
50年前の19日も、梅雨が明けて暑い日だった。
この日、長女Ikuママが誕生した。
いやはや、その娘が50歳にもなった。
母親には厳しい娘である。
「おかあさんそっくりよ」と次女は言う。
そうです、育て方が良くなかったのね。



庭の白い桔梗が咲いた

d0075453_20292072.jpg



毎年、こぼれ種で何とか命をつないでいる

d0075453_20293749.jpg



厄介者のヘクソカズラ

d0075453_20295710.jpg


ご近所の桔梗
d0075453_20301837.jpg


直ぐ傍で女郎花が
d0075453_20303497.jpg

さあ、本格的な夏の到来。
週間天気予報に並んだ高い気温の数字に、目まいがしそう。

週明けには、爺が退院してくる予定だが
もう少しの間、涼しい所に居させて、とお願いしたいくらいだ。






by ikutoissyo | 2017-07-19 23:56 | Comments(15)

                   クーラーつけても、室温は下がらない

あつ~~い!!
言って涼しくなるわけでもないのに
つい口から飛び出す あつい・アツイ・暑い !!

日本列島の端から端まで33度越えの異常。
そのうち、避暑地と言う言葉は消えるかもしれない。
加えて、豪雨と、連日震源地を替えて揺れる大地。
何かおかしい。

、ぐちゃぐちゃになって、手が付けられなくなったかに見える今の政治と
日本列島の様子がどこか似ている。



夫の面会からの帰り道に見上げた空、
19:07の空(15日)
明日も暑くなりそう。

d0075453_19282581.jpg



by ikutoissyo | 2017-07-16 19:34

                    てんやわんやの大騒ぎ

暑い!!
夏に弱い婆は、この数日、塩をくらったナメクジのようだ。
でも、九州の惨状を思う時
我が身は贅沢過ぎるんじゃないか
思い直して、ほんの少しだけシャンとしてみる。
それでも、気持ちにかかわらず大汗が出る。

朝、化粧をした顔は
白いハンカチを汚して、あっという間にスッピンの顔に戻ってしまう。
化粧と言っても、この歳だもの、薄化粧に決まっている。
コーラスの練習中も
ハンカチは、殆ど化粧落としの役目をしている。
とに角暑い!!

この暑い最中、爺がまた入院した。
火曜日夕方、婆は、コーラスの練習+ランチ からルンルン気分で帰ってみると
爺が、歩くことも困難なほど腹痛を訴えていた。
「電話くれればいいじゃないの!! 」
婆は大声をあげながら
慌ててタクシーを呼び、かかりつけのクリニックへ。
触診でもレントゲン検査でも原因が解らない。
このまま、総合病院へ行くことになる。
激痛は、爺の足を一歩も動かすことが出来ない。
看護婦さんの助けを借りて、エレベーターで6階から1階へ。
婆は駅前のタクシーを拾って
やっと立っている爺を、クリニックの前で拾い・・・。
夕方で道路が混雑して
走ること20分、総合病院のERの入口へ。
タクシーの運転手さんが気を利かして、慌てて病院の職員の助けを呼んできてくれる。
クリニックからの連絡で待っていたらしく
直ぐに検査室へ。
(クリニックは何故救急車の手配をしてくれなかったのだろう)

様々な検査の結果、盲腸だろうと判断される。
処置の方法はいくつかあるが「ご高齢ですから・・・。今夜は様子を見ます」
若い医師の丁寧な説明に、少しほっとす。
婆は入院の手続きを済ませ、家に辿り着いたのが、22:00過ぎ。
疲れと空腹に気が付いて、腰が抜ける

一夜明けて・・・
水曜日の朝早く、病院からの電話。
「手術が最適と判断しましたので・・・」

長女と二人で、手術に決定した経緯などの説明を受ける。
心臓の手術の後、血液サラサラのお薬を飲んでいるので、ちょっと心配だという。

1時間20分後、無事終了。
その後、手術の説明と共に、リアルな映像を見せられる。
TVドラマで見るのと同じだ。
医師たちの会話と手際のよい手の動きと、生々しい臓器がそこにあった。
虫垂の裏側に穴が開いているのまで見える。
医師たちに感謝。

心臓の手術から丁度1ヶ月目。
84歳の高齢者爺は、よく頑張りました。
突然の事で、婆も疲れはしたが
手術後の爺と笑って会話できたのが何より幸せである。

面会時間が15:00からなので
今朝(木)はちょっとゆったりと過ごしている。




三日前に咲いた庭のハートの薔薇が
笑って見える。

d0075453_10380815.jpg








by ikutoissyo | 2017-07-13 11:13

                       九州の被害、心配です

TVに映し出される残酷な映像に、言葉を失っている。
九州地方の水害の様子だ。

災害続きの日本列島。
そのどれもが、復興できていない。
借金まみれの我が国で、まるでポケットマネーをばらまくように
好き勝手に無駄遣いしている国のお偉方。
復興に、お金を使って欲しい。


♫  ♫


ベランダで三時草が咲いた。

d0075453_21531198.jpg
d0075453_21534062.jpg
d0075453_21532872.jpg

窓の外で
先日名前の判明したコウゾの木に、蝶が止まった。
静かに網戸を開け、息を止めてカメラを近づける・・・。
室内からなので、真っ黒にしか見えない。
ピントが合っているのかも定かではない。
とに角パチリしておこう!!

d0075453_22245851.jpg



d0075453_21521324.jpg


美しい触覚

d0075453_21523900.jpg


庭で
d0075453_22264131.jpg

d0075453_21513228.jpg

d0075453_21510992.jpg

d0075453_21501953.jpg


近くの散歩道で

名前を忘れたけれど、この花を見ると祖母の田舎を思い出す
ヒメヒオウギスイセン
d0075453_22305867.jpg


可愛いわね
d0075453_22311277.jpg

蕾をいっぱい従えて、桔梗。
開花の時、ポンで音がするって本当なの?
d0075453_22312201.jpg

ムラサキシキブじゃなくて・・・
あ~~、出てこない
コムラサキでした。
d0075453_22320611.jpg

d0075453_22315561.jpg

トラノ尾
(我が虎さん、最近負けが込んでいて心配)
d0075453_22304538.jpg








by ikutoissyo | 2017-07-06 23:00 | Trackback | Comments(19)