<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

                        神代植物公園・・・24日

                        
                        友人からの一斉メールに誘われて、4人で神代植物公園に出かけてきました。
                        山野草のコーナーで、見かけたイチゲ3種。
                        どれもはじめての出会いです。
                        嬉しさにこ踊りしたものの、囲いの奥の方に見えています。
                        あ~~、足を踏み入れたい気分ですが、まさかそんなことは出来ません。
                        こんな時、やっぱり大きなカメラが欲しくなります。
                        仕方がありません。目いっぱいのズームで、ようやっとです。                                                             

                        ユキワリイチゲ
d0075453_16194015.jpg



d0075453_16211456.jpg



                        キクザキイチゲ
d0075453_16214676.jpg



                        アズマイチゲ
d0075453_16222326.jpg



d0075453_1622547.jpg



                        ミスミソウ
d0075453_16235148.jpg



                        画像を引き伸ばすと美しさに欠けますね。
d0075453_1624552.jpg



                        近くにスミレが・・・
d0075453_16444740.jpg



                        クリスマスローズ
d0075453_16245466.jpg



d0075453_16251078.jpg



                        
by ikutoissyo | 2012-03-26 17:05 | Comments(24)

                               春の歌

                        予報どおりの暖かい一日でした。
                        コートをジャケットに変えて出かけました。
                        体が軽くて、スキップしたくなりました。
                        ぬか喜びでした、明日は又コートが必要なんですって!
                        
                                           ♪  ♪  ♪                        
                       
                        日当たりの良いベランダの下(我が家は1階)から、春の歌が・・・♪♪
                        白花2種、優しい歌声です。
                        スノーフレーク                        
d0075453_19385181.jpg



d0075453_19392117.jpg



d0075453_19394197.jpg



                        九州から届いて数年が経ちました。すっかり我が家の子です。
                        真っ白なスイセン
d0075453_1947672.jpg



d0075453_19472244.jpg



                        水仙の下で、春の野草たちが顔を覗かせました。
                        カラスノエンドウ
d0075453_19533384.jpg



                        カタバミ・・・7mmの小さい体で、黄色をアピール
d0075453_19543098.jpg



                        ハコベだったかしら?                        
d0075453_19551727.jpg




d0075453_19554593.jpg


More          感激!
by ikutoissyo | 2012-03-22 22:53 | Comments(14)

                            蝶と遊ぶ

                        お彼岸のお中日、とても良いお天気になりました。
                        ベランダに出ていると暑いくらいです。
                        まだ寒い日もあるかもしれないと思いながら
                        陽ざしに後押しされて、カシミアのセーターを5枚洗いました。
                        最近は良い洗剤のお陰で、手洗いが出来て助かります。
                        乾燥しているのですね、なんと2時間で乾いてしまいました。
                        心をこめてアイロン(裏から)をかけ、丁寧にたたんで・・・。
                        5枚重ねて眺めながら、しばし幸せ気分を味わいました!
                        この気分、殿方にはわからないでしょうね、きっと!

                                             ♪   ♪   ♪

                        昨日、出かける準備の最中に「中止」のメールが届く。
                        出ばなをくじかれ、いじいじし・・・。
                        ふと思いついた。
                        しばらくご無沙汰している昆虫園(Tama・zoo)へ行こう!。
                        歩いていけるし・・・!

                        常春の昆虫園、沢山のチョウたちの乱舞がみられます。夢の世界です。
                        舞っているのを撮りたいな~!
                        このカメラじゃ無理無理!

                        キチョウ                        
d0075453_17481940.jpg



d0075453_18122260.jpg


                        
                        モンシロチョウ
d0075453_17511053.jpg
 


                        物陰では・・・オオゴマダラの集団が
d0075453_1755340.jpg



d0075453_17552632.jpg


                        イシガキチョウ(石垣蝶)又はイシガケチョウ(石崖蝶)
                        どちらが顔なの?
d0075453_17582037.jpg
 


                        英名ではCommon Map (模様が地図に見えるらしい)
d0075453_1759444.jpg
 


                        カバタテハ
                        地味好みのシックな柄模様
d0075453_18162339.jpg

                                            

                        タテハモドキ
d0075453_18202412.jpg



d0075453_18205286.jpg
 


                        シロオビアゲハ
d0075453_198576.jpg
 


                        
d0075453_19155952.jpg


                        
                        ツマキチョウ                        
d0075453_19172115.jpg



                        羽根を閉じるとこんなに地味なんです
d0075453_22202055.jpg



d0075453_1919554.jpg



d0075453_19202079.jpg


                 
                        ハチドリ・・・体長10cmほど、細い体です。
                        チョウと同じドームに放されていますが、会えるのは稀です。
d0075453_19225680.jpg



                        蝶を追っかけて1時間。
                        いつも同じシチュエーションばかり撮っている。
                        高い気温と、夢中になった気分で、冬支度の体は汗だくになりました。
                        外の寒さで、夢から覚めました。
                        
                        
                        蝶の名前は間違っているかもしれません。あしからず。
                                                                     

More   花と蝶 (やくざ映画?)
by ikutoissyo | 2012-03-20 21:02 | 動物園 | Comments(18)

                            旧古河庭園

                        15~16日、友人たちと恒例のおしゃべり合宿(11回目)を楽しんできました。
                        「お洒落なホテルに泊まりたい」という意見が通って
                        これまでのような旅行ではなく、都内のホテルに合宿の場を置くことに決定。
                        都下から都心に出るだけのことです。まあ、何と気楽な・・・!
                        お昼に家を出て、一日目の予定の、旧古河庭園に向かいました。
                        おしゃべりは、もう電車の中から始まっています。

                        バラで有名な旧古河庭園の古い洋館の見学は、予約が必要です。
                        お庭は散策したことがあるのですが、洋館に入るのは初めてでした。
                        建物は旧岩崎邸・鹿鳴館などを手がけた、ジョサイヤ・コンドルの設計です。
                        館内はカメラ禁止でしたので、お見せ出来ないのが残念です。
                        こだわりのある設計にも敬服しましたが
                        それを支えた日本の大工・指物師など職人さんの見事な仕事ぶりに
                        圧倒されっぱなしでした。




                        武蔵野台地の斜面を巧みに利用した造りとなっており、台地上に洋館を、斜面上に洋風庭園
                        台地下の低地部に日本庭園が配置されている。(ウイキペディアより引用)
d0075453_21502884.jpg



d0075453_22414758.jpg



                        洋風庭園(薔薇園)
                        バラの時期には、1万人も訪れる日もあるそうな・・・
d0075453_2158756.jpg



                        日本庭園に続く道
d0075453_21585670.jpg

                        
                                                
                        
d0075453_215948100.jpg
 



d0075453_2202038.jpg
 



                         大きな石(一枚岩)の橋
d0075453_2248758.jpg




d0075453_2204391.jpg
 



d0075453_22245764.jpg



d0075453_22254636.jpg
 



d0075453_2226818.jpg
 



d0075453_22263971.jpg
 



d0075453_2227442.jpg
 



d0075453_22291463.jpg



                         この洋館には時代に翻弄された苦難の時期があったそうです。
                         もともとは元勲・陸奥宗光の別邸から、古河男爵邸になり、
                         戦前は日本軍に接収され、戦後はイギリス軍に接収され宿舎となり
                         その後国有財産となったものの、30余年も放置され続けて荒れ放題になり
                         ツタで覆われ、お化け屋敷と呼ばれていたそうです。
                         7年間の長い時間をかけて修理修復を終えて、平成元年より公開されました。
                         1時間をかけて邸内の案内と説明がありました。
                         とても良い時間を過ごしました。
                         さあ、ホテルに向かって、おしゃべり合宿の始まり始まり・・・。
                         
                                         
by ikutoissyo | 2012-03-18 23:08 | 庭園・公園 | Comments(22)

                                今日は啓蟄

                        冷たい雨の朝です。
                        昨日まで舗道の隅に残っていた29日の雪が
                        この雨でようやく消えました。
                        土の中で出番を待っている春の草花たちには、きっと慈雨ですね。
                        明日には、芽を出しているかもしれません。
                        あ、虫たちも、もぞもぞと。

                                 ♪   ♪   ♪

                        土曜日、人と会うために吉祥寺へ。
                        3時ごろ一人になったので、井の頭公園まで足をのばしてみました。
                        うわ~~、びっくり。
                        何かイベントでも?
                        園内は人・人・人でいっぱい。
                        後で聞いた話では、ここは若者に人気があって、土日はいつも混雑するらしい。
                        仕方なく池の周りをウォーキング
                        春が見つかるといいけど・・・。


                        若者達には、もうとっくに春なんです。2人でコギコギ!
d0075453_17193212.jpg



                       
d0075453_17204446.jpg



                        広い池には噴水が、一つ二つ・・・え?いくつあるの?
d0075453_1720330.jpg



d0075453_17202795.jpg

                        

                        
d0075453_1721698.jpg
                        
                        
d0075453_17213463.jpg
                        

                        褐色の冬木立と大勢の若者たち、そして噴水
                        不揃いなのに、なんか良い感じ。
                        勢いよくはじけて遊んでいるしぶきの先に、希望を見た気がします。
d0075453_1722580.jpg



                        この御夫婦、何しているのでしょうね。
                        仲良く並んで行きつ戻りつ。    
d0075453_17225084.jpg



d0075453_17231695.jpg



                        カップルの男性に呼び止められました。
                        「この花の名前知っていますか」
                        「あら、こんなところにマンサクが・・」
                        「そうだ、マンサクだ。伊丹万作と覚えればいいんだ」
                        連れの彼女に、万作氏の説明をながながと・・・。
                        その説明は間違ってはいなかったけど、彼女は興味なしだったわね。
d0075453_17234522.jpg

                                                
by ikutoissyo | 2012-03-05 18:04 | Comments(29)