<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

                                  ひとりごと


                寒い朝でした。
                窓越しに、食卓まで届いていた陽ざしが、いつの間にか遠のいて、季節が進んだことを知らされます。
                それなのに、まだ雪マークが消えない被災地。
                どうにもしてあげられません。
                「お日様を宅急便で」・・・そんなことが出来たら!

                「原子力安全・保安院」
                迂闊にも、この組織について、これまで何の知識もありませんでした。
                眼鏡のおじさんが記者会見に出てくるようになって、初めてその存在を知りました。
                彼は、放射能物質の値が上がろうとも、作業員が被爆しようとも、まるで他人事のような話しぶり。
                沈着冷静と言ってしまえばそれまでですけど・・・。
                こんな時の為のPCです。色々調べてみました。
                組織の職員803人、年間の予算約380億円、この数字を見ただけで、頭に血が上りました。
                「東京電力」
                こちらの記者会見も同じです。
                大目に見て、起こった事故は仕方が無いとしても(そうは思っていないけど)
                国民を不安のどん底に陥れていると言う自覚は、全くないように見えます。
                「政府」
                対応に問題は多々あるとは思うけれど、
                枝野さんをみていると、なんとかこの危機を乗り越えて欲しいと、応援せずには居られない!                
                菅さん、もう少しシャンとして、草の根運動で頑張ったあの気力で、頑張って欲しい!                                
                政治力があると言われている小沢さん、あなたが力を示すのは今じゃないの?
                                                                      

                                 ♪   ♪   ♪



                ベランダの下で、スノーフレークが咲いていました。
                カメラを向けながら、花達とのおしゃべり。至福です。

d0075453_15113890.jpg
 



d0075453_1512312.jpg




d0075453_15122442.jpg




d0075453_15124117.jpg
 



d0075453_1513760.jpg
 



d0075453_15132563.jpg
 


                 近くでは・・・
d0075453_15173983.jpg



                 ヒメオドリコソウも
d0075453_19111738.jpg
    
                           
                                             
by ikutoissyo | 2011-03-28 15:18 | Comments(16)

                                     地震酔い

                大地震以後、殆ど毎日、大きな余震が続いています。
                あれ以来ずっと、常に体が揺れている錯覚に襲われて、不安な気持ちが倍増しています。
                この症状を「地震酔い」と言うそうな!
                「鼻から息を吸って、静かに10秒かけて吐くと良い」と言うけれど                
                実践しても治りません。笑

                予想はしていましたが、水道水が放射線物質に汚染されたというニュースに
                都民の不安は大揺れです。
                (我が町の水は大丈夫のようですが)
                科学者達の話を良く聞いていれば、今の時点では大丈夫だと解る筈なのに・・・。
                こんなに落着いている自分は、多分高齢者だからかもしれない。
                
                


                我が家の直ぐ近くの一画(角)に、こんな風景が残っています。
                この緑の上に放射線物質が降りてきませんように。
                

d0075453_1631124.jpg




                足元では、ホトケノザが・・・
d0075453_1640427.jpg



                
                ご近所では、アセビが。
d0075453_16343947.jpg
 



                ボケの花も。
d0075453_1636994.jpg
 



                                              
by ikutoissyo | 2011-03-24 16:49 | Comments(12)

                                      お彼岸

               
                冷たい雨のお彼岸になりました。
                ピアノの上に置いてある亡父の写真が、先日の地震で落ちました。
                職場で福井地震(1948年)の直撃に遭った父は、その後どこへ出かけるにも                
                携帯懐中電灯と水筒を持ち歩くようになり
                私にも煩く言っていました。
                今朝、「あなたの言うことは正しかったわ」と手を合わせました。
                

                地震の時、一緒に落ちた箱の中から、こんなものが現れました。
                数年前、下町散策の時、上野界隈で見つけたものです。すっかり忘れていました。
                子供の頃も同じようなものを持っていました。

                

                桐の小箱
d0075453_16132742.jpg



                木目込みの扇子がお気に入りです
d0075453_1616672.jpg




d0075453_16203045.jpg
 



d0075453_16281081.jpg




d0075453_16223019.jpg
              
                
                                
by ikutoissyo | 2011-03-21 16:30

    計画停電

                連日、震度3~4の余震が続いています。
                その度に体が震えて、しばらく何も手に付きません。
                被災地の方々の窮状を思えば、なんのこれしき!なんですけどね。
                
                「計画停電」が続いていますが、電気というのがこんなに面倒なものとは知りませんでした。
                何しろ、水を貯めるように電気は電力会社で貯めて置けないと言うのですから。
                その日の電力の需要供給を見ながら「停電」実施を発表するしかないようです。
                こんな時ですから、何社もあるTV局が夜中の放送を自粛するなり、民放は交代でお休みをするなりすれば
                通勤電車を止めることも無かろうに・・・。babaは思っています。                
                                

                我が家の停電グッズです。
                いつもテーブルの上でスタンバイです。
                真ん中の二つはランタンです。
                左が蝋燭、右は豆電球の灯りです。
d0075453_11354546.jpg



                昨日、携帯できる小型の懐中電灯をゲットしてきました。
                右端の小さいものは口紅の大きさです。
                あまり明るくありません。
                真ん中のは、小さい割には抜群の明るさですので
                出かける際の必須グッズになりそう。バッグにしのばせておきましょう。         
d0075453_1144857.jpg
       
                
by ikutoissyo | 2011-03-20 11:47 | Comments(14)

                                   花屋で

                花屋の前を通り過ぎるとき
                誰かに声をかけられたきがして・・・
                振り向きざまに
                可愛いこの子と目が合いました
                

                アメリカキスミレ
                残酷な映像を見すぎて
                過緊張している心が、ふとやわらいだ気がして
                持ち帰ってきました

d0075453_17193350.jpg



d0075453_1720332.jpg



                


                
                
                               
                
by ikutoissyo | 2011-03-13 17:27

                      大地震(3月11日)

                この多摩地区でもかなりゆれました。
                これまで経験したことの無い長時間の揺れでした。
                私は膝のトレーニング中の出来事でした。(八王子)
                直ぐに電車が止まった事をしりましたので、帰る当てもなく
                そのジムで2時間近く、あのおぞましいTV中継を、震えの止まらない体で見ておりました。
                そろそろ電車が動くかしらと、ジムを後にしたのが4時過ぎ。
                駅に着いてみるとタクシーを待つ人の行列が30人ほど。最多で100人にもなりました。
                待てど暮らせど、1時間に2台しかやってきません。
                夜が更けるにつれて冷え込んできました。
                「ホカロン」を買いに走ってくれた若い人、
                食べ物の調達(ドライケーキ)は私、知らない者同志が協力し合いました。
                その間に、誰もが繋がらない携帯電話にイライラし、交代で近くの公衆電話に並んで、家人との連絡を果たしました。
                
                待ちに待って次は私達(相乗りを決めていました)の番、
                その時です
                電車が動くぞ!の叫び声。
                並び始めてから5時間半が経っていました。
                家に着いたのが11時半頃でした。

                家では棚やピアノの上から物が落ちて、壊れたり濡れたりして
                夫は大変だったようですが、停電もなくラッキーでした。
                娘達の無事も確認。

                それにしても大変な災害が起きました。
                明朝になるともっと被害が拡大していることでしょう。
                罹災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

                ご心配くださった(メールを含む)方々、ありがとうございました。

                ごめんなさい、今頃(12日14:50)コメント欄をあけました。
by ikutoissyo | 2011-03-12 02:46 | Comments(16)