<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

                冬枯れの庭で

                    11月が終わります。
                    そんな~~、ちょっと早すぎです。
                    忙しかった11月の整理や後始末も出来ていないのに・・・・。
                    まだ師走を迎える心の準備は出来ていません。

                    住んでいる建物の外壁の修理のために、足場が組まれて覆いがかけられました。
                    ベランダの花たちは外に追い出され、北側の庭の花たちも足場で傷んでいます。
                    庭は、膝痛を理由に長い間手入れをしていなかったので
                    「建物が綺麗になるのだから仕方が無い」とあっさりと諦めムード。
                    それに3月まで日差しと無縁になることだし・・・。
                    

                    足場の傍で、山茶花が満開です。

d0075453_073087.jpg



d0075453_092831.jpg


                    山茶花にカメラを向けていると、チチチ、チチチ・・・
                    振り返るとセキレイが2羽、道路の上で鬼ごっこです。
                    しばし見惚れてシャッターを押すのを忘れてた・・・
                    
                    道路がまるで保護色のよう。
d0075453_0154457.jpg



                    バコパが鉢からはみ出して良く咲いています
d0075453_020748.jpg



d0075453_0214225.jpg



                    名残りの花ばかり集めて・・・うら寂しい
d0075453_0314772.jpg
  


                    息の長いグリーンアイス。
                    ホッペが赤いのは寒さのため?
d0075453_0331284.jpg
  


d0075453_0354427.jpg
  


                    ジュリアに蕾を発見。 
                    暫く気温が低くなりそうだけど、大丈夫かしら?
                    どうぞ、開花できますように
d0075453_0414993.jpg
             

寒空に ヒマラヤ桜
by ikutoissyo | 2009-11-30 00:52 | Comments(18)

                 菊香る・・・

                    

                    丁度1週間前、友人との待ち合わせに少し時間があったので
                    高幡不動尊に寄ってみました。
                    お線香の煙がたなびいて、門の外までいい香りがします。
                    近寄って煙を手のひらで手繰って、膝の痛いところになでなでします。
                    そうそう 「頭も忘れちゃいけないわ」


d0075453_15333785.jpg

                    境内を進むと、毎年恒例の菊花展が開かれていました。
                    ここだけの話(内緒ないしょ) 私はどうも菊の花は好きになれません。
                    小菊は別なんですよ。
                    と言いつつ、そっと覗いてみました。
                    好きではないけれど、
                    どのお花からも、丹精こめて見事に育て上げたそのお気持ちが伝わってきます。
                    菊のお花にも種類があるのですね。

d0075453_15344225.jpg



d0075453_1535413.jpg



d0075453_15395397.jpg



d0075453_1538144.jpg



d0075453_15384656.jpg

                    

d0075453_15404254.jpg
  


                      菊花展には欠かせないお花ですね。
d0075453_15463773.jpg
  


d0075453_1548026.jpg
 

                      待ち合わせの時間が迫ってきて、今日はここまで。
                      好きじゃないと言ったはずなのに、帰る頃にはちょっと心が動いて・・・。
                     

                      高幡山の紅葉は、まだ ほんのりと紅をさした感じかな・・。
                      真っ赤に燃えるには、もうちょっと先のよう
d0075453_15531542.jpg



             

  お知らせ
by ikutoissyo | 2009-11-13 16:07

           幾つになっても女の子


                     子供の頃、誰もがみんな立派な蒐集家でしたね。
                     川原で拾った石ころの重みで、スカートのポッケがちぎれそうでした。
                     貝殻もお菓子の空き箱にいっぱい集めたものです。
                     
                     少し大きくなるとリボンを集めて、おさげ髪の先を飾って学校に・・・。
                     そしてもっと大きくなると、ハンカチに懲りました。
                     それは今でも続いていて、引き出しから溢れそうです。
                     そして今は・・・
                     数年前に出会ったビーズの指輪です。
                     指の短い自分には、出回っているデコラティブのビーズの指輪は似合わないと
                     見向きもしませんでしたが
                     あるとき、出店に並んでいたシンプルな指輪に出会って、すっかり虜になりました。

                     スワロフスキービーズの控えめな輝きが、短い指にぴったり。
                                          
                     殆ど同じ作家の作品ですが、時々浮気をして雰囲気の違うものも集まってきました。


                     集めるきっかけになった指輪です
d0075453_183270.jpg
  



d0075453_1145946.jpg




                      いつの間にかこんなに
d0075453_118359.jpg
 



d0075453_1242997.jpg
  


                      作る手間代にもならないような格安の値段に感謝しながら
                      こんなに増えてしまいました。
                      ときどき箱からだしては眺めて、にやりにやり (笑)
                      最近では、はめる気楽さと楽しさが気に入って、本物(大したものは無いけれど)の出番が少なくなりました。
                      さあて、明日はどれを選びましょうか
 
                                                                                
by ikutoissyo | 2009-11-05 01:46

            新・根津美術館の庭  (10月28日)


                    秋には色んな顔がありますが、その一つに美術の秋がありますね。
                    そこらじゅうの美術館で、ビッグな催しをしていて
                    あれも観たい、これも・・・と、気持ちばかりが右往左往。
                    そんな中から、10月7日に開館した南青山の「新・根津美術館」に出かけてきました。
                    今では南青山の地(街)名で一くくりになっているこの辺りは
                    昔は霞町という綺麗な町の名がついていました。
                    娘時代、この近くで働いていて、旧美術館には1度だけ訪れた記憶があります。                    
                    新・美術館は、昔の面影はすっかり消えて、ワクワクドキドキ・・・。
                     

                    
                    あめ色の竹と緑の笹、エントランスの和の美しさに圧倒されます。
d0075453_016467.jpg




d0075453_01621100.jpg


                    

d0075453_0164185.jpg
 

                    
                    1階ロビーから庭を望む
d0075453_017364.jpg
 

                    
                    ロビーのガラスに映った庭の緑
d0075453_0235480.jpg
 

                    
                    庭から見た本館
d0075453_0243168.jpg
 


                    
                    この美術館の楽しみの一つは、広い庭の散策です 
                    庭のあちこちに配された数多い灯篭やお地蔵様や鐘楼は、どれも由緒ある美術品です。
                    そのさりげない設えが嬉しい。
d0075453_0353073.jpg
  


                    
                    高低差のある庭を結ぶ幾本もの道
d0075453_0311725.jpg
 

                    
                    紅葉にはまだちょっと先のこと
d0075453_21203021.jpg



d0075453_2122681.jpg



d0075453_21222488.jpg



d0075453_2123429.jpg



                    庭の中心に位置する池
                    古びた船から、昔の粋人たちの姿を想像して・・
d0075453_21273756.jpg
 



d0075453_21245250.jpg




d0075453_2128220.jpg
                                       
  
d0075453_21284026.jpg




d0075453_21311796.jpg



                     あの背高のっぽの森ビル(六本木ヒルズの)が
                     庭の向こうから覗き込んでいます
d0075453_21455296.jpg



                     庭の中のガラス張りのカフェで、疲れた脚を休めながら
                     紅葉が赤く変身した頃又訪れよう、と決心したのでした。

  


       
by ikutoissyo | 2009-11-02 22:30 | Comments(20)