<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゼラニューム・ベラルゴニューム・シドイデス

この時期のmy garden は、正に冬枯れの無彩色。
いつ見ても寒々しく、足を踏み入れる気にもならない。
カメラの被写体といえば、霜でめくれあがった土ぐらいなもの。
ほらね。地殻変動みたいでしょ。
d0075453_21271520.jpg

そんなわけで、最近ではお花を撮るチャンスが極めて少なくて、フラストレーションが体中に充満していました。
そんな時、kakoさんのブログで拝見したお花に衝撃(オーバーではなく)を受けました。
色・形・大きさ、どれをとっても私好みです。photoがステキでした。
欲しい欲しい病原菌が増殖して、PCを駆使して、ついに買ってしまいました。
暮に買ったビオラが、まだベランダに仮置きされていて、新入りの置き場所など無いのにです。

「ゼラニューム・ベラルゴニューム・シドイデス」舌をかみそうな名前です。
まずはパソコンの傍に置いてみました
d0075453_21434790.jpg

d0075453_2144173.jpg

やっぱり外がいいかしら
d0075453_21443185.jpg
d0075453_21444077.jpg
d0075453_21445712.jpg
d0075453_214554.jpg
d0075453_21451910.jpg

by ikutoissyo | 2008-01-31 21:54 | Comments(17)

永田町界隈

出張で上京した従妹に会いに永田町に出かけてきました。
待ち合わせに20分弱の余裕があるのを確かめて、国会議事堂をめがけて走りました。
突然、頭の中に永田町=国会議事堂のイメージがわいたのです。
東京に住んで50年にもなるのに、直ぐ近くの赤坂には降り立っても、永田町界隈に来たことがありません。まして国会議事堂にはご縁がありません。

多分こちらの方角だと見当をつけて歩き出しましたが
土曜日の夕方のせいでしょうね、殆ど人の気配がありません。
曲がり角のビルの壁面一杯に絵が描いてあります。何のビルでしょう。
d0075453_2056752.jpg

角を曲がると東京タワーが見えました
d0075453_2057341.jpg

少し進むと人の声が・・・、国会図書館でした
d0075453_20575911.jpg

d0075453_20581778.jpg

あ、木陰から議事堂の突端が見えました。
d0075453_2171483.jpg

早く正面に行きたい!
目指したものは檻の中でした。残念!
d0075453_219062.jpg

ちょっと引いてみましょう。
d0075453_21101971.jpg
d0075453_2110321.jpg

あ~~、タイムリミットです。また小走りに来た道を戻ります
先ほどは気がつかなかった窓の無いコンクリートの大きな建物・・・国立劇場でした
訂正です・・29日0:25・・この建物は最高裁判所のようです。国立劇場はその奥にあります。
地図遊びをしていて発見です。
d0075453_21131896.jpg

あら、絵のあるビルはカメラ会社のものだったのですね
d0075453_21154369.jpg

間に合いました。彼女は携帯を出した所でした。
ここ「全国○○会館」は会議場と宿泊施設のある建物です。
何やら、税金の無駄遣いの香りがプンプンして・・・。
d0075453_21232337.jpg
d0075453_21233273.jpg

夕食は近くの陳健一さんの「四川飯店」で。
おしゃべりしていたらお料理を写すことをすっかり忘れてしまいました。
d0075453_21305867.jpg

お腹が満腹なのに、女は凄いですね。またお茶に出かけるのですから。
直ぐ傍に赤坂プリンスホテルが見えています。
d0075453_21364077.jpg

ホテルのカフェの窓からレトロな建物が見えます。
ボーイさんの話によれば、ホテルの旧館で、その昔は李王家のお屋敷だったそうです。
「どうぞ中に入って見てください」と薦められて、見学してきました。
シンプルな外観と内装は、庭園美術館に通じるものがありました。
d0075453_21482098.jpg
d0075453_21483145.jpg
d0075453_21484258.jpg

木彫りの細工が見事です
d0075453_21485141.jpg
d0075453_2149188.jpg
d0075453_21491125.jpg

ウエディング・チャペル
d0075453_2151718.jpg

わぉ~、時計は10時半です。久しぶりの夜遊びでした。
人気の無い永田町から数分しか離れていないのに、対照的な赤坂見附駅界隈。
カラオケの派手なイルミネーションが印象的でした。
眠ることの無い東京の繁華街でしょう
d0075453_22344876.jpg

by ikutoissyo | 2008-01-28 22:38 | Comments(20)

横浜港クルージング

「横浜港のクルージングのチケットがあるのだけど、乗ってみない?」
友達からの誘いに勿論OKの返事をしたのですが
その日が近づいてくるにしたがって、なんとなく背中がムズムズするような落ち着かない気分でした。
実は、船には苦い思い出がいくつもあるのです。
若狭で乗った観光船が、大揺れに揺れて怖くて生きた心地のない30分でしたし、伊豆の大島へ行ったときは、ひどい船酔いでした。

「内海だから大丈夫だよ」
前の夜から準備をした酔い止め薬を飲んで、夫の声援に送られて、行ってきま~~す!

ビックリしました。予想以上の大きな船です。
d0075453_2131092.jpg

いつ出港したのか気がつかないほど、静かな出だしです。
「大丈夫でしょ!」友達が笑っています。
d0075453_2173918.jpg

d0075453_218326.jpg

見慣れた景色が遠のいていきます。左に氷川丸が見えます。
d0075453_2111837.jpg
d0075453_21112376.jpg

ベイブリッジの下をくぐります
d0075453_21133897.jpg

橋の真下です
d0075453_21142544.jpg

d0075453_21145640.jpg

d0075453_21151457.jpg
d0075453_21152714.jpg
d0075453_21153647.jpg

カモメが近くまで挨拶に。カメラを向けるとするりと逃げてしまいます。
撮らせてよ!
d0075453_21164780.jpg

d0075453_2117019.jpg

冬の午後、日暮れ前の空の美しさ。この広いカンバスを切り取りたくないですね。
d0075453_21235392.jpg
d0075453_212463.jpg
d0075453_21242579.jpg
d0075453_21243793.jpg
d0075453_2125443.jpg

d0075453_22384317.jpg

d0075453_2241178.jpg

お茶とお菓子とおしゃべりの前半、デッキに出たのは後半の30分ほど。
つかの間の1時間30分でした。
誘ってくれた友達に謝謝!
by ikutoissyo | 2008-01-23 21:58 | Comments(20)

冬枯れの日比谷公園

高校の同級生の絵の個展が、日比谷の小さな喫茶店で開かれていると言うので、4~5人で
誘い合って出かけました。
約束の時間までに30分の余裕があることを確かめて、目の前の公園へ急ぎました。

横断歩道を渡った直ぐの舗道に、冬桜でしょうか。
見上げると、雲り空と花の色が同じ、あ~~、ピントが合いません。
やっぱり、こんなにピンボケでした。
d0075453_22312484.jpg

公園のシンボルはやっぱりこれですね
d0075453_22234095.jpg

日本庭園の雪吊り
d0075453_2224456.jpg

ぐるぐる巻きだわ。隠れているのはだあれ!
d0075453_22265016.jpg

水上の画家です
d0075453_22275282.jpg

冬枯れの公園で、盛りの過ぎた花はスターに見えます。
d0075453_22322592.jpg

私の出番はこれから。
d0075453_22323367.jpg
d0075453_2232443.jpg

公園のあちこちで、季節に耐えたバラたちが見られます。
けなげな姿が美しい!
d0075453_22325511.jpg

冬色、冬化粧とでも言ったらいいのでしょうか、葉っぱの色。
d0075453_22412811.jpg

私は後姿が自慢なの
d0075453_22414829.jpg

大振の白のサザンカは華やかです
d0075453_22455356.jpg

目を瞑ると、夏のにぎわいが見えてきます。
d0075453_22462468.jpg

若かりし頃の思い出が蘇って・・・日比谷公会堂
d0075453_2247749.jpg

d0075453_23115370.jpg

遠くから、この赤い色が目に付いて
d0075453_23121193.jpg

古い洋食屋さん、カレーで有名ですね「○本楼」
d0075453_23145723.jpg

ここで、携帯のベルが・・・「みんな集まってるよ、どこにいるの!」
by ikutoissyo | 2008-01-15 23:17 | Comments(18)

アール・デコの館 庭園美術館

東京都庭園美術館は朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。
アール・デコ様式がふんだんに取り入れられた建物・内装は、あくまでもシンプルですが、足を運ぶたびに発見があり、大好きな建物の一つです。
今回は、美術展ではなく、建物そのものをカメラもOKということでしたので、出かけてみました。
d0075453_21355186.jpg

室内の撮影は難しいですね。殆どがピンボケです。
今日は「灯り」だけを取り上げてみました。
それぞれの部屋に選びぬかれたデザインがマッチしています。
d0075453_2131729.jpg
d0075453_21312228.jpg

d0075453_21335376.jpg
d0075453_21341157.jpg
d0075453_21342054.jpg
d0075453_21343588.jpg

上部に模様があるのですが、見えるでしょうか
d0075453_21352549.jpg

d0075453_21381940.jpg

d0075453_21433185.jpg
d0075453_21434867.jpg

d0075453_2145348.jpg

d0075453_21492179.jpg

d0075453_2145291.jpg
d0075453_21454047.jpg

拡大してみると
d0075453_2145513.jpg

d0075453_21512580.jpg
d0075453_21514595.jpg


More  庭では
by ikutoissyo | 2008-01-15 22:09

小石川後楽園

暖かい日が続いています。
暖冬はありがたいけど、温暖化の影響だったら・・・、不安がよぎります。

8日、東京は13.6度。小春日和でした。
前の日、夫がTVで水戸黄門を見ていました。
背中で見ていた私は、閃きました。
「そうだ、小石川後楽園に行こう」・・・ウフフ、JRのコピーのパクリです。
黄門様ゆかりの庭園です。

夫に振られたので、のんびり一人旅となりました。
新宿から大江戸線で飯田橋まで。
地下鉄大江戸線は、深く掘られたホームにたどり着くまでに乗るエスカレーターの数(何回乗り換えるかしら)は恐怖そのものです。深すぎ、掘りすぎです。
特に飯田橋では地上に出るまでに、6回は確実に乗り換えました。
「地震がなくて良かったわ」と青空を見上げて深呼吸。庭園まで徒歩2分。
入園料150円なり。年をとるのも悪くありません。
d0075453_156638.jpg

入って直ぐに目に付いた「冬桜」。大木です。
d0075453_156177.jpg
d0075453_1562677.jpg

桜の向こうに東京ドームホテルが聳えています。左下はドームの屋根です。
d0075453_1564994.jpg

「蝋梅」の微かな香りにホッペがゆるみます。
d0075453_2225857.jpg

d0075453_2582795.jpg

黒い影は??
d0075453_2232727.jpg

牡丹が一つ。
d0075453_2332596.jpg

雪吊りが美しい
d0075453_235649.jpg

これぞ、日本人の美意識なり
d0075453_2314270.jpg

d0075453_236317.jpg

黄門様もびっくりでしょうね。爬虫類の背中みたいなドームの屋根
d0075453_237994.jpg

時折黄色い声がかすかに聞こえて。
d0075453_2372677.jpg

d0075453_2413172.jpg

d0075453_2414773.jpg

d0075453_242292.jpg

名前の由来のまあるいお月様になりました
d0075453_248275.jpg

サザンカの樹は大木でした
d0075453_249946.jpg

梅の開花も間もなくですね
d0075453_244469.jpg

ヤブコウジ
d0075453_244581.jpg

d0075453_332665.jpg
d0075453_334290.jpg

d0075453_344128.jpg

d0075453_335921.jpg

この辺でお終いにしましょう、キリがありません。
久しぶりの更新で、並べすぎてしまいました。
お付き合いくださいましてありがとうございました。
あ、忘れていました。
庭園のお食事処でお弁当を頂いてきました。
630円也。ご馳走様でした。
d0075453_1095931.jpg


More キャ~
by ikutoissyo | 2008-01-09 03:07 | Comments(23)

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。
d0075453_110155.jpg

by ikutoissyo | 2008-01-01 01:10 | Comments(24)