もみじを愛でる 8日

                     団地内の紅葉の名所(勝手に名づけた)が、ようやく見頃になった。
                     「例年ほど綺麗じゃないわよ」と聞いていたが
                     いえいえ、紅・黄の葉が光と会話し、風と戯れて美しかった。

d0075453_22172167.jpg


d0075453_2218644.jpg


d0075453_0283840.jpg


d0075453_22182160.jpg


d0075453_2218448.jpg


d0075453_22203150.jpg


d0075453_22294678.jpg


d0075453_22205222.jpg


d0075453_0273286.jpg


d0075453_22231556.jpg


d0075453_2224582.jpg


d0075453_22242174.jpg


d0075453_22244062.jpg


d0075453_22245917.jpg


d0075453_22335452.jpg


                     枯葉の下で、ホウチャクソウの群生が眠っている
d0075453_22264750.jpg


d0075453_2227171.jpg


                     帰り道で
                     八重咲きの山茶花が華やか
d0075453_22321083.jpg


                     白花も負けていない、品格さえ・・・               
d0075453_22322964.jpg


                     姫リンゴが可愛い
d0075453_2232497.jpg


                     今年も ♫赤や黄色の色さまざまに♫ を堪能した。
                     冬の前のご褒美だ。
                     ご褒美を先取りしたのに、師走の仕事は手につかない。





d0075453_22384260.gif


                     招待券があるけど、行く??・・・、誘いに直ぐにOKして
                     藤田嗣治展を観に、府中市立美術館に出かけてきた。
                     
                     嗣治の絵を特別好きではないが、
                     誘ってくれた人は、歳を重ねるに従って彼の生きざまにも興味がわき
                     絵も好きになってきたそうな。
                     
                     数年前に観た展覧会では、あの乳白色の顔の人物画だけだった記憶だが
                     今回は110点の大展覧会だった。
d0075453_2339023.jpg



                     自画像二つ
d0075453_23281393.jpg


                     彼は確か4~5回結婚している。  
                     誘ってくれた人は「良い男だもの、女がほっておかなかったのかな」ですって。            
d0075453_23283448.jpg

                     
                     責任問題も起きたという戦争画(アッツ島の惨劇)は、
                     戦意高揚どころか反戦画に見えたのはなぜだろう。
                     
                     花の絵の前で足が止まった。
                     白い花瓶に数本の薔薇が差してある、見かたによっては寂しい絵だ。
                     中の1本の赤いバラの色が妙に心に響いて、動けなかった。
                     ショップでその絵のポストカードを探したがみつからなくて、残念。
                     今日はいつもより真面目に絵の解説を読んだ。
                      ・・速足では、誘ってくれた人に失礼かなと・・
                     お蔭で、嗣治の人生のいくらかでも知ることが出来た気がする。
                     誘ってくれた人に感謝。

                     註・・・画像はすべてHPよりお借りしました。
                     
by ikutoissyo | 2016-12-09 00:57 | 散歩 | Comments(8)
Commented by oshibanayoshimi at 2016-12-09 05:57
おはようございます。
110点も展示されているのですか? すごいですね。
こちらの美術館に一点所蔵されています。
白いシャツの自画像を見て、あの時代にこのいでたち、日本では暮らし難いでしょうね・・・

ご近所で紅葉狩りができて、楽しそうです!!!
カエデの形がいいですね!
Commented by ikutoissyo at 2016-12-09 10:31
yoshimiさん、おはようございます。
快晴の朝です。

110t点の絵画を観るのは、いささか疲れました。
嗣治の絵の変遷(留学を含む)を、死の直前まで見せてくれた、大展覧会でした。
これまで、あのおかっぱのヘアスタイルがどうも好きになれませんでしたが、生きるすべの一つだったんだと・・・。

紅葉もそろそろお終いですね。
近場で見られるのはありがたいです。
今日は午後、映画「オケ老人」をいつもの3人で観てきます。
若い仲間が誘ってくれるのは嬉しい限りです。
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-12-09 17:09
こんにちは
良い色に染まりましたね、見応えの有る紅葉の景色美しい。
今日の強風で銀杏の木がきれいに葉を落としました、急に寂しい景色に・・・

藤田嗣治さん、女性にモテタのが分かるような(*^_^*)
110点の作品は見応え有りますね。
Commented by ikutoissyo at 2016-12-09 19:18
TUKASAさん、こんばんは。
つい先週には色がついていなかったのですが、あっという間に美しくなりました。
また直ぐに葉を落として寂しくなるのでしょう。

昔から、藤田嗣治のあのおかっぱ頭が嫌いでした。
でも、ジャケット姿の自画像はなかなかの二枚目、男前ですね。
110点の展示は疲れて、途中で会場の中の椅子で一休みしましたよ。
フランスと日本のハザマで苦悩した嗣治の心と、作品を堪能してきました。

今日は、映画「オケ老人」を観てきました。
面白くてクスクス笑ってきました。
Commented by semineo at 2016-12-10 00:33
こんばんは
燃えるようなモミジ、紅葉の名所! 頷けます。
このような素敵な所にお住いなのですね・・・良いなぁ~~♪
山茶花も木をバックに映えて素敵です。

藤田嗣治展に行かれたのですね。
いつだったか?日曜美術館で紹介された、
戦争の悲惨さ描いた『アッツ島玉砕』の絵画に圧倒され、
藤田嗣治の印象がガラッと変わりました。
様々な画が110展も見られるのですね~・・・ 覗いてみたいな?
Commented by ikutoissyo at 2016-12-10 00:45
semineoさん、こんばんは。
ここは丘陵地ですから、山肌にはさまざまな樹々が残されています。
桜も沢山咲きますが、それでも、よその桜が気になって、出かけてきます。
人間は欲張りですね。

あの「アッツ島玉砕」は言葉さえ出ませんでしたよ。
嗣治は「この事実を観てくれ」と言う思いで描いたとおもいますが、戦争画家と非難されたそうですね。
展覧会は多分11日(もう今日ですね)までです。
近いですから、お暇があったら是非とも。
Commented by kagosima-e at 2016-12-10 21:31
domaniさん こんばんは~!

お住いのところに紅葉の名所があるなんて~!お幸せですね。
一枚目から紅、黄、黄緑の葉が光と重なり合って
えも言えぬ美しさですね。三枚目から四枚目のお日様とのコラボ
八枚目の左右からの紅葉、両方から
手を伸ばし合っているように見えますね。
大木の若い葉でしょうか、紅葉途中でしがみ付いているようです。
最後の小さな赤い実は何の実なのかしら~?

藤田嗣治、背広姿の若い自画像、意志が強そうですね。
おかっぱ頭の自画像は力が抜けている感じに見えます。
人生に大きな転機があったのでしょうか~?
Commented by ikutoissyo at 2016-12-11 00:06
鹿児島おばちゃん、こんばんは。

モミジの名所は団地内のほんの一角なのですよ。
ここが認知され始めたのは、ほんの数年前からです。
春にホウチャクソウをUPしたことがありますが、同じ場所なのです。

藤田嗣治と言うと、あの独特のおかっぱ頭と、乳白色の肌の人物像を思い浮かべますね。
フランスで絵が注目されるまでの苦労と、帰国後、なかなか受け入れられないなど、苦労の連続だったのではないでしょうか。
フランスでは幾つもの賞をもらっているのに、日本では没後ですものね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<<             私は冷...                ... >>